d6e3c1ac55b60dc274509b94d7686ff9_s

節分には豆まき、そして年の数だけ豆を食べると健康に過ごせるといいますよね。

ですが中には、豆の量が多くて食べきれない人もいるでしょうし、豆をそのまま食べるのが苦手という人もいるかと思います。

今回は、そんな方にもオススメの美味しく食べる方法をご紹介します^^

TOPICS
  • 節分の豆を無理なく美味しく!オススメの食べ方3つ
  • 節分の豆を年の数食べる理由は?
  • 年の数より少ない or 年の数以上はダメなの?

余った節分の豆をどう食べようか迷っている方にも参考になるかと思いますよ♪

スポンサードリンク

節分の豆が食べきれない

節分には年の数だけ豆(福豆)を食べるといいますが、年齢を重ねると豆の数も多くなり、食べるのが大変になってきます。

それでも縁起を担ぎたいですよね。そこで、おすすめなのが 福茶 です!

節分の豆を福茶で取り入れよう!

福茶というのは、お正月や節分、大晦日などで飲まれる縁起の良いお茶です。

この福茶を飲めば一年間無事に過ごせると言われていますから、
豆を年の数だけ食べられない場合も、福茶を飲めばその代わりとなりますよ^^

 

福茶の材料・作り方(湯飲み一杯分)
  • 塩昆布(または昆布の佃煮)…適量
  • 梅干し……1個
  • 福豆……3粒

これらの食材を湯飲みに入れ、熱湯かお茶をそそげば完成です。

 

昆布は「よろこぶ」につながり、梅はおめでたい「松竹梅」の梅。
そして福豆は、縁起がいい吉数の「3」粒で、さらに「まめまめしく働ける」という意味もあります。

とっても簡単に作れるので、ぜひ節分に福茶を飲んでみてはいかがでしょうか?


スポンサードリンク

節分の福豆の食べ方は他にも!

節分の豆をきな粉にする

節分の豆をそのまま食べるのはちょっとな~と思ったら、きな粉にしてみてはいかがでしょうか?

大豆はすりつぶすときな粉になりますから、炒り豆のまま食べるよりもお餅につけたり、きな粉牛乳にしたり色々使えます。

粉砕する方法としては、まずビニール袋に入れて固い棒などで粗く砕き、すり鉢ですりつぶしましょう。

ミルミキサーやフードプロセッサーがあれば、さらに手軽に出来るかと思います^^

節分の豆で豆ご飯

福豆を炊き込みご飯の具材として、豆ごはんを作るのもオススメです!

炒り豆と、塩やしょうゆ、日本酒などを加えて炊きます。美味しい豆ご飯になりますよ。

豆ごはんの作り方は、こちらの動画でも紹介されています↓

 

節分の豆を年の数だけ食べると言うけれど…

そもそも、なぜ毎年歳の数だけ豆を食べるのかというと、
火で炒り邪気を払った福豆を身体に取り入れることで、次の年も健康でいられるようにという願いが込められているんですね。

年の数とは言いますが、地域によって違いがあり、ちょうど年齢の数分食べる・1粒多く食べる・2粒多く食べるといった差があります。

節分の豆を年の数食べなかったら?

このように地域によって数に差がありますし、そもそも豆の数を気にせず食べるという人も多いようです。

年の数だと量が多くて、少ない量しか食べられない場合は、1粒で10年分ということにして食べるという事もあるようですし、
逆に、豆が美味しくてつい年の数以上に食べ過ぎてしまうという人も少なくありません。

縁起物としては先にご紹介した福茶も取り入れつつ、豆の数はそこまでこだわらなくても良いのかな?という感じですね。

ただ、大豆は食べ過ぎるとお腹が張ったり、ゆるくなってしまうことがあるので、その点は注意して、ほどほどにして下さいね。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

節分の豆が食べきれない時にオススメの食べ方として、

  • 福茶
  • きな粉
  • 豆ご飯

の3つをご紹介しました。

特に縁起が良い福茶を飲むのがおすすめですよ!

ぜひ参考にされてみてください^^

スポンサードリンク