9c026c2165e972d3b1fdf83bbbc19cb1_s

ひな祭りパーティーにママと子供たちで集まって参加することになったけど、こんなとき、何を手土産にしたらいいか迷ってしまいますよね。

お料理やケーキはママ友が用意してくれるとしたら、他にどんな物を持って行けば喜んでもらえるでしょう?

今回は、そんなひな祭りパーティーにお呼ばれされた時にオススメの手土産についてまとめてみました。

スポンサードリンク

ひな祭りパーティーの手土産は何が良い?

ホームパーティーだと、メインメニューはホストさんが揃えてくれていることが多いですよね。

揃えてくれたご馳走の邪魔にならないような、皆で食べられるものが良いかと思います。

または、お部屋に飾れるようなお花なども良いかもしれませんね^^

金額の相場は、ママ友との親密さにもよりますが、一般的な感覚のママさんでしたら1000円~2000円くらいが相場でしょう。

 

ひな祭りにお呼ばれ 手土産でおすすめはコレ!

お菓子

お菓子でしたら、お腹の負担にならず、子供たちにも食べやすい大きさで個包装のものがオススメです。

食器や包丁などを用意してもらわないと食べられないものや、食べにくくポロポロこぼれてしまうものなど、後片付けや掃除に手間をかけてしまう食べ物は避けましょう。

また、余ったときのことを考えて日持ちのするものが良いですね。

子どもたちは定番のスナック菓子も喜ぶので、詰め合わせの大袋やひな祭り仕様のものもおすすめです。

フルーツやお花

季節を感じるフルーツや、お花もおすすめです。

いちごでしたら手で食べられますし、カットフルーツでしたら、包丁不要でホストさんの手間も省けます。

高級感もありますし、パーティー感が出て良いですね。

お花は、華やかさを演出してくれ、ひな祭りパーティー後でも楽しめ喜ばれるでしょう。

花瓶を使う切り花は避け、フラワーアレンジメントにしたものがよいですね。


スポンサードリンク

お取り寄せ

話題作りのきっかけになりそうで、おすすめなのがお取り寄せ。

自身で食べたことがなくても、雑誌やテレビで紹介された商品や話題になった商品を「今、注目されているもの」として手土産にしてみては?

ひな祭りに定着したものには、「健やかに育ってほしい」という願いが込められています。

可愛らしくて素朴で、どこか懐かしいもの。

でも、定番のものも時代と共に少しずつ、子どもたちに親しまれるよう変わってきています。

次に紹介するのはどれも定番ものですが、その中の新顔を探して見るのも楽しそうです。

 

●ひなあられ

昔は、ひな人形を持って野山や浜辺で遊び、お雛様に春の景色を見せてあげる「ひなの国見せ」という風習があったそうです。

この時、春の御馳走と共に持って行ったのが、ひなあられ。菱餅を砕いて作ったという説があります。

  • 関東風…米を爆ぜて作ったポン菓子。米粒の形で甘い。
  • 関西風…まさしく「あられ」ですね。形は丸くてしょっぱい。

関西では、味のバリエーションもマヨネーズ味、チョコレート味と増えてます。

最近では、ひなまつりポップコーンも出ているそうです。

 

●菱餅

三色には諸説ありますが、健やかに育ってほしいという願いが込められています。

  • 赤(桃色)…クチナシの実入り・魔除け。桃の花をイメージ
  • 白…菱の実入り・清浄、長寿、子孫繁栄。雪のイメージ
  • 緑…よもぎ入り・厄除け、健康。新緑をイメージ

この三色がひな祭りの色として定着していますね。

四色(黄色)で四季を表し一年をとおして健やかにという意味もあります。

 

●草餅(よもぎ餅)

菱餅にもよもぎが使われていますね。香りの強い(よもぎ)ものは、邪気を祓うとされています。

 

●白酒・甘酒

体を清め邪気を祓う。

白酒は、アルコール度10%のお酒ですから子供は飲めませんが、実は甘酒と勘違いされている方も多いとか。

 

●桃の花・菜の花

桃には邪気(鬼)を祓う力があるとされ、神事にも使われています。また、不老長寿を与える植物とされました。

古代中国の故事には、桃の花が流れる川の水を飲んだら長寿(300歳)を得られたというのがあり、平安貴族は、三月三日に曲水の宴を催し、盃に桃の花を浮かべて桃花酒を飲んでいたそうです。

平安時代の桃の節句には、桃花酒がつきものだったのですね。

せっかくのひま祭り、大人たちも、日本酒やワインに花びらを浮かべて風情を楽しんでみてはいかがでしょう。

 

●金平糖

昔からお祝い事に用いられています。

作るのにとっても時間や手間がかかるので「じっくり時間をかけて育てていきましょう」という意味が込められ、おめでたいお菓子とされました。

 

●桜もち・道明寺

道明寺(関西)=桜もち

最近では、関東でも道明寺が流通しています。

 

●手毬飴・ひな人形飴

 

さいごに

いかがだったでしょうか?

お菓子を手土産にするときには、アレルゲンの確認も必要ですね。

また、「お菓子は極力与えないように心掛けている」というご家庭もあるので、そのようなときはお菓子は避け、果物をチョイスすると失敗が無いでしょう。

普段あまり自分では買わないものを手土産に頂くと嬉しいですし、折角ですから、喜ぶ手土産を持参したいですね。

スポンサードリンク