牛乳を開封してから、気を抜くとつい賞味期限を切らしてしまうことってありますよね。

開封済みだけど、この賞味期限切れの牛乳は飲んでも大丈夫?

そんな疑問を持つ方も多いはず。

そこで今回は、開封済みで牛乳の賞味期限が切れてしまった場合の、飲めるかどうかの判断方法についてご紹介します!

 

スポンサードリンク

開封済みの牛乳の賞味期限が切れた!

牛乳の賞味期限は、何日なら過ぎても大丈夫なのでしょう?

未開封なら、まあ少しくらいなら・・・と思ってしまいますが、開封済みだと、飲んでも平気なのか心配も大きいですよね。

賞味期限切れの牛乳ですが、以下のような異常が現れていなければ、飲んでも平気でしょう。

・酸っぱい臭いがする
・白いつぶつぶや黄ばみがある
・ヨーグルトみたいにドロドロしてる
・味に違和感(酸味や苦みなど)がある

これらの異常があれば、その牛乳は諦めたほうが良いでしょうが、牛乳におかしな点がなければ、飲んでも大丈夫だといえます。

ただ、これらはあくまで1つの判断基準であって、必ずしも100%安全という訳ではありません!

賞味期限切れの牛乳を飲む場合は、上記を参考にしつつ注意して飲むようにしてくださいね。


スポンサードリンク

牛乳の賞味期限は未開封を想定している

牛乳パックに表示されている賞味期限は、未開封の場合を想定して設定してあります。

ですので、開封済みの牛乳の場合は、たとえ賞味期限内であっても、場合によっては飲めないケースがあります。

牛乳を開封後の賞味期限は、2~3日と言われています。

まだ賞味期限の日付になっていなくても、開封後2~3日以上経過している場合は注意が必要です。

賞味期限になっていなくても、開封済みで先に挙げたような異常が牛乳にあったら、飲むのをやめましょう。

 

消費期限切れはやめたほうが良い

なお、牛乳の消費期限が切れていた場合は、飲もうとせず素直に諦めたほうが良いです。

消費期限とは、開封していない状態で、かつ表示されている方法で保存した場合において、食べても安全な期限です。

消費期限を過ぎたら、開封済みでも未開封でも食べない方が良いですよ。

 

一方、賞味期限は、開封していない状態で、かつ表示されている方法で保存した場合において、美味しく食べられる期限です。

ですので、賞味期限は過ぎたとしても、すぐに食べられないという訳ではないんですね。

この消費期限と賞味期限の違いがありますから、お手元にある牛乳が「賞味期限切れ」なのか「消費期限切れ」なのか、今一度チェックしてみてください。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

安全第一で考えるなら、飲まないのが一番なのでしょうが、開封済みの牛乳で量がまだまだ残っていると、もったいないなという気持ちで捨てられなかったりしますよね。

ですが、それで飲んで体調を崩してはいけませんし、おかしな点がないかよくチェックしてから飲むようにしてくださいね。

スポンサードリンク