7fd6a5c86a208d6a600bbbd98167898c_s

洗ったばかりの洗濯物に、
黒いカスが付いているのを見たことがありませんか?

これは、洗濯槽の裏に生えていたカビがはがれ落ちたものです。

洗濯槽の裏にカビが生えると、洗濯のたびにカビから大量の胞子が放出され、
洗濯物にもたくさんのカビの胞子が付いてしまうのです。
これは早めに対処したいところです。

ただ、洗濯槽クリーナーで手入れしても、なかなかしつこかったりするんですよね。

 

スポンサードリンク

洗濯機のカビがしつこく出てくる

洗濯機のカビが多くなってしまうのは、いくつか原因が考えられます。
まず、洗濯機に付くカビは洗剤を栄養にして成長します。

一回に使う洗剤の量が多いと、溶け残りが出てきて
それだけカビが育ちやすい環境になってしまいます。
また、洗濯機が乾きにくい状態だと、それだけカビが増殖します。

洗濯機を頻繁に回す家庭だと、洗濯槽の裏に水滴や洗剤がよく付いて
なかなか乾きにくいため、それだけカビも生えやすいようです。

 

洗濯槽のカビの掃除

洗濯槽の裏側に生えるカビは、とくに上の方に多く見られます。

スポンサードリンク

水面近くに付着した洗剤の泡が、すすぎでも洗い流されず
上側にどんどん溜まっていくので、そこにカビが集中するのです。
洗濯槽クリーナーで洗浄する場合は、

一番カビが多い洗濯槽の上の方まで浸かるように

たっぷりと水を張るようにしましょう。

 

洗濯槽クリーナーは、市販のものを使っても良いですが、
洗濯機メーカー指定のものを使うほうが確実だと思います。

 

洗濯機のカビを防ぐ対策

内部を出来るだけ乾燥させる

洗濯槽のカビを防ぐには、普段から出来るだけ湿気を取り除き、
乾燥させることが大切です。

洗濯後は洗濯機のふたを開けておくようにしましょう。

 

洗剤の使い過ぎに注意する

上にも書いたように、カビは洗剤を栄養にして育ちます。

洗剤が残らないように、適切な量の洗剤を使うようにします。

そして、一度洗濯機や洗剤の説明書を改めて見直してみるのも手です。
意外と自己流になっていて、それが適切ではなかったというケースも多いです。

説明書の通りに正しく洗濯することで、カビの発生も抑えられる可能性が高いです。

 

まとめ

洗濯槽のカビは見えにくいですが、発生したまま放っておくと

不快な臭いを発したり、洗濯物が汚れたり、
アレルギー性皮膚炎などを引き起こす可能性もあります。

ぜひ普段から、カビを防ぐことを意識して対策をしましょう。

スポンサードリンク