59ff6cc7bc45c00f541ac3ea01ea6c25_s

お中元を贈る際、相手が喪中の場合は
贈るべきか迷う方も多いのではないでしょうか?

お中元を贈っても問題ないのか、気を付ける
ポイントはあるか、マナーなどを確認しましょう。

スポンサードリンク

お中元の時期に相手が喪中の場合

相手が喪中の場合、お中元は送らないほうが良いと
考える方もいるかと思いますが、
実際はお中元を送っても問題ありません。

お中元は、喪中で避けるべきことと
何の関係もないからです。

 

お中元は喪中にも送ることが可能

喪中には、おめでたい事や祝い事に関することを
避ける必要があります。

しかしお中元やお歳暮は、日ごろお世話になった方に
感謝を表す贈り物なので、お祝いではありません。

スポンサードリンク

ですので、喪中に送っても問題ないのです。

ただ、送るにあたっていくつか気を付けたい
ポイントがあります。

 

お中元を喪中に贈る時のマナー

忌中は避ける

お中元は忌中(四十九日)を過ぎてから贈りましょう。

忌中を避けた結果、お中元の時期から遅れる場合は、
暑中お見舞いとして送ります。

紅白の水引は避ける

悲しみのお宅に、紅白の水引はふさわしくありません。
短冊状ののし紙や、白無地の奉書紙に「御中元」と
書いたものにしましょう。

お線香はお中元として送らない

喪中だからといって、お中元にお線香などの物は
あまりふさわしくありません。
お供え物という形で送るのは良いですが、
できればお中元の品物には避けましょう。

お中元は、相手が日常生活の中でもらって喜ぶもの、
あまりに華やかではないものを贈ると良いです。

 

まとめ

お中元は喪中にも送ることが可能ですが、
いくつかの気を付けるべきポイントをおさえて
相手への配慮を欠かさないようにしましょう。

スポンサードリンク