838c390cbf82d6c6a59c6a6812f95f12_s

潮干狩りは、小さな子供からお年寄りまで
家族で気軽に楽しめるマリンレジャーです。

ここでは、そんな潮干狩りに必要な
道具や服装などを紹介しています。

スポンサードリンク

潮干狩りに向け服装や道具を準備しよう

いざ、家族で潮干狩りに行こうと思っても、
何をそろえれば良いのか分からなかったりしますよね。

現地に行ってから、
「あれも必要だった、これも持ってくれば良かった!」
とならないように、潮干狩りに必要な道具や服装を
事前にしっかり確認しましょう。

それでは、順に見ていきます。

 

潮干狩りの道具で必要なものは?

熊手

潮干狩りといえばコレですね。
色々種類がありますが、普通に売っている
3本爪や4本爪のもので十分です。

5本爪や6本爪もありますが、
先がとがっていて子供たちには危険です。

砂遊び用やプラスチック製のものなら
危険もなくて良いと思います。

ペットボトル

アサリの砂抜きには、海水を使うのがベストです。
せっかく潮干狩りで海に行くので、
空のペットボトルで現地の海水を持ち帰りましょう。

アサリが十分に浸かる量(2~4リットルほど)を
ペットボトルで持って帰ります。

入れ物

とったアサリを入れるものが必要です。
潮干狩り場によっては潮干狩り用の網が配布されることも
ありますが、バケツなどでもOKです。

網もバケツも無い場合は、
ポリ袋に水抜き用の穴を開けて使うという手もあります。

クーラー

アサリは高温になると一気に弱ってしまいます。
暑い時期には、クーラーを使うことで
鮮度を保ったままアサリを持ち帰れます。

鮮度を保つ!潮干狩りのあさりの持ち帰り方と砂抜き&保存方法

氷や保冷材、凍らせたペットボトルなども忘れずに。
 

スポンサードリンク

 

潮干狩りの服装やその他持ち物

服装

帽子
紫外線が強いため、帽子をかぶるようにしましょう。
風が強くても良いように、顎紐のついた帽子だと
さらに良いです。

長袖
暑いので半袖が良いかと思いがちですが、
紫外線や、日焼けによる体力の消耗を避けるため
長袖を着用しましょう。

ジャケット
春先の潮干狩りの場合、海風が冷たかったり
急な天候の変化で雨に見舞われたりすることもあります。
その時の気候によってジャケットを着ていくか判断しましょう。

パンツ
干潟にしゃがむため、濡れたり汚れても構わないものが良いです。
暑い時期にはハーフパンツや海水パンツが楽です。

履物
水が入らないような丈の長い長靴、
汚れても良い履き古したスニーカー、
脱げにくいサンダルなどがオススメです。

 

また、子供と一緒に行く場合、
子供の服装は万が一のために着替え一式を用意しましょう。
そして、迷子になってもすぐに目立つような色の服だと良いですね。

 

その他持ち物

日焼け止め&虫よけ
紫外線対策に日焼け止めは必須です。
また、海は意外と蚊が多いので、虫よけもあると安心です。

敷物
着替えや昼食時など、外に敷けるシートがあると便利です。

偏光サングラス
太陽の光が水面に反射してまぶしいと、
水の中が見えにくいのはもちろん、目に負担がかかります。

新聞紙
アサリを持ち帰る時や、汚れた靴や道具を包む、
敷物代わりになるなど、あれば何かと便利です。

まとめ

いかがでしたか?
楽しく潮干狩りをするために、しっかり準備して行きましょう。

スポンサードリンク