dd720ef4abbab92cbb6859a8f2b4ddee_s

お祭りや花火大会などに、浴衣を着ていこう!と張り切ったものの、
インナーはどうしたら良いかイマイチ分からないという方も
多いのではないでしょうか。

浴衣の下に着るインナーはどんなものが良いのか、
ここでしっかり確認しておきましょう。

スポンサードリンク

浴衣の下に着るインナーは何がいい?

そもそも浴衣は、夏の湯上りやお祭りの時などに涼しく着るものなので、
インナーは汗取りと肌が透けないようにつける程度で良いです。

着物の場合は長襦袢をつけますが、
浴衣は基本的には肌襦袢と裾よけが良いです。
長襦袢は、浴衣にはちょっと暑いかもしれません。

肌襦袢と裾よけは、見た目の透け感や、
下着のラインが表へ出るのを防いでくれます。

スポンサードリンク

肌襦袢と裾よけを他のもので代用するなら

  • キャミソール
    肌襦袢の代わりに、キャミソールを着ても良いです。
    肌襦袢とキャミソール、二つとも持っている場合は
    どちらか一枚を着れば大丈夫です。
    重ねて着ると、暑くてたくさん汗をかいてしまいます。
  • ステテコ
    ステテコは内腿の汗を取ってくれるので、暑がりの人には快適です。
    トイレの時に面倒にならないように、ローライズに履くなど
    工夫をすると良いですよ。
  • 浴衣スリップ
    上下一体型の長めの浴衣スリップはトイレが楽ですし、便利です。
    ただ、人によって好き嫌いがあり、ものによっては
    後ろから足のラインがくっきり見えてしまう場合もあるので注意です。

 

白の浴衣は透けないように注意!

白などの薄い色の浴衣は透けやすいです。
知らずに下着が透けてしまっている人もたまにいますので
注意が必要です。

下着の色は、ベージュ系のほうが透けにくいです。
白に白は意外と分かります。

肌襦袢や裾よけ等のインナーで、透けるのをカバーできているなら
白や薄い色の下着で大丈夫だと思います。

黒などの濃い色はやめましょう。

 

まとめ

浴衣姿になった時、大事なのは体の線が透けて見えないことと、
浴衣は結構暑いので、よく汗を吸ってくれることです。

快適に浴衣を着こなして、イベントを楽しんでくださいね。

 

スポンサードリンク