9bbe6536bc59ee53204fc2aeabfb6a98_s友人や知り合いから結婚式に招待されたものの、
自分が喪中の場合、果たして結婚式に出席しても良いのか
遠慮するべきか悩んでしまいますよね。

スポンサードリンク

喪中の期間は結婚式に出席する?

喪中の期間中に、結婚式に招待された場合
どう判断するかというのは難しい問題です。

人によって捉え方が異なりますし、
ネット上でも様々な意見があります。

結婚式を避ける喪中の期間はいつまで?

しかしおおむね、出席するかの判断は
四十九日を過ぎたかどうかがひとつの基準となっています。

スポンサードリンク

四十九日までが忌中、一周忌までが喪中とされていますが、
この忌中の間はお祝いごとへの出席やレジャーは慎むようにし、
一周忌までの喪中の期間は、門松やお飾りなどのお正月の行事、
年賀の礼をしない、年賀状を出さないというのが一般的です。

ですので、四十九日、忌中の間は結婚式の参加を
お断りするようにしましょう。

喪中に結婚式は参加するか否か

では四十九日が過ぎた忌明けからはどうするかですが、
慶事への参加が忌中ほど厳しく制限される訳ではありませんので、
出席するかどうかは自分や先方の気持ち次第になってきます。

新郎新婦が喪中の参加を気にしているかどうか、
相談して判断することは少なくありません。

といっても、先方に確認するのは難しい場合もあるでしょう。

そうなるとやはり、
自分の気持ちでお祝いに行けるかどうかの問題だと思います。

まとめ

喪中の期間に、結婚式に出席するかどうかは悩ましい問題ですが、
四十九日までは参加を控えるようにし、
その後は自分や相手の気持ち次第ということになると思います。

スポンサードリンク