8f8944610b7cf30386b58ed8298f84c1_s

結婚式に招待してもらったものの、やむを得ず欠席する場合、ご祝儀はどうしようか迷ってしまいますよね。

金額はいくらくらいで、いつのタイミングで贈れば良いのか、ここで確認しておきましょう。

 

スポンサードリンク

 

結婚式を欠席する場合のご祝儀マナー

結婚式に欠席する場合、相手との関係にもよりますが、

お祝いの気持ちを伝えるのであれば、結婚式前にご祝儀を送るか、お祝いの品を送る必要があります。

それにプラスして、結婚式場に電報を送るのも良いでしょう。

 

結婚式に出ない場合ご祝儀の金額はいくらが相場?

欠席を事前に伝えているなら、1万円が相場です。

あとは相手との関係や、自分の気持ちなどから 2万円、3万円を包む人も多いです。

 

お祝いの気持ちが伝わり、かつ相手が気にしてしまうほど高額ではない金額、というのを意識してみましょう。

急な欠席で、料理や引き出物が用意されてしまっている場合は、出席する時と同じ金額にしましょう。

スポンサードリンク

 

ちなみにご祝儀の金額は、2で割れる偶数は縁起が悪いため、奇数の金額が良いとされています。

ただし2万円は「ペア」と考え、例外的にOKとなっています。

それでも2で割れるので気になるという場合は、1万円札1枚+5千円札2枚の合計3枚にして送ると良いでしょう。

 

結婚式を欠席するならご祝儀はいつ送る?

結婚式に出席するのであれば、行ったその場で渡すことができますが、欠席するとなると当日に手渡しはできません。

結婚のお祝いは事前に渡すのがマナーですので、できれば結婚式の1週間前までには送りたいです。

 

やむを得ず間に合わない場合も、なるべく早めに送ってください。

相手と会う機会があれば直接手渡しで、そうでなければ現金書留で送りましょう。

 

まとめ

結婚式に欠席する場合でも、お祝いの気持ちをしっかり届けたいですね。

 

スポンサードリンク