6c61b8e01a225b0b560b76270498f94f_s横浜開港祭は、毎年6月2日前後に開催されるイベントで、
横浜の夏の風物詩としてたくさんの人が来場します。

開港祭の花火大会も、関東でいちばん早い花火大会ということで、
せっかくなら浴衣を着ていこうか、でも時期的に少し早い気もするし…
と迷っている人もいるかもしれませんね。

スポンサードリンク

横浜開港祭に浴衣を着ていく人はいる?

横浜開港祭は、毎年約70万人の人が来場する大イベントですが、
浴衣の人は意外と少ないです。
会場の雰囲気や、気候的な面からでしょうか。

スポンサードリンク

夜はまだまだ涼しい場合もあるので、そういう日は冷えないように
暖かい下着を着るなどの対策が必要になります。

ということで、開港祭に関しては
どうしても浴衣が良いというのでなければ、避けたほうが無難かなと思います。

 

6月の花火大会に浴衣は?

浴衣は、伝統的には7月の初めから8月いっぱい、
梅雨明け後の本格的に暑くなった夏の盛りに着るものでした。

ですが、浴衣を着る時期というのは年々早まっているらしく、
最近では5月中旬から浴衣を着る人も増えてきています。
地域によっても微妙に違いがあります。

伝統を重んじる人から見ると違和感があるかもしれませんが、
気候や場所によってはアリになってきているのでしょうね。

 

浴衣は6月にはまだ早い?

ですので、6月の浴衣は早いといえば早いですが、
気にせず着る人も多いです。

着ていく場所やその日の気候などから判断して、
浴衣を楽しんでくださいね。

 

スポンサードリンク