8caac1f83f1b6c28b93e3096af368ace_s

入院のお見舞いとして、現金を贈ることは少なくありませんが、

いくつか気を付けるべきポイントがあります。

お見舞い金のマナーや金額の相場を確認しておきましょう。

 

スポンサードリンク

 

お見舞いで渡すお金の金額の相場は?

お見舞い金の金額の目安は、3千円~1万円です。

金額の相場は相手との関係によって上下します。

あまり高額すぎず、受け取る側が負担に思わない金額が良いです。

  • 家族や親戚の場合は1万円
  • 親しい友人の場合は5千円
  • 仕事関係者や知人の場合は3千円

上記を参考に贈りましょう。

また、贈る金額は不吉な数字を避ける必要があります。

「四(死)」「六(無)」「九(苦)」のつく金額は、タブーですので贈らないようにしましょう。

スポンサードリンク

 

お見舞いのお金の入れ方

封筒は、紅白結び切りでのし無しもの。

または白無地封筒、市販のお見舞い用の袋を用います。

不幸が重なるのを避ける意味で、二重封筒で贈るのはやめましょう。

表書きは「御見舞」とします。

 

用意するお金は新札でも旧札でも構いません。

とはいえ、人によっては新札を「あらかじめ用意していた」と とらえてしまう場合もあるため、

きれいな旧札か、折り目をつけた新札を渡すのが良いと思います。

 

お金を入れるときは、お札の肖像が表向きで、上に来るようにすると良いですが、

絶対にそうと決まっているわけではありません。

 

その他お見舞いのお金で気を付けるべきマナー

お見舞い金は、目上の人に贈るのは失礼にあたるので避けた方が良いでしょう。

お金は、目上の人から下の人にご褒美をあげるという意味合いがあるからです。

 

まとめ

お見舞いでは、相手を気遣い、励ます気持ちが一番大切です。

そのために、あまり堅苦しく考えすぎないように、でも最低限のマナーを守ってお見舞いをしましょう。

 

スポンサードリンク