d0889211cf145fea2d5a0e25577bbac6_s

香典を持参するとき、袱紗(ふくさ)に包むと聞くものの、突然のことでふくさを用意できなかったり、

そもそも必要性を感じないのでふくさを持っていない、という人もいるかもしれません。

 

実際のところ、不祝儀袋を包むふくさは必要なのか、無い場合はどうするのかなど、ここで確認しておきましょう。

 

スポンサードリンク

 

香典を包むふくさは必要?

香典を持っていく時、本来であればふくさに包まなければいけません。

 

別に無くてもいいのでは? と思われるかもしれませんが、

香典をふくさに包むことで、袋がしわになったり、折れ曲がったりするのを防ぐことが出来るため、あると便利なのです。

 

また、ふくさに包むことで、先方の気持ちを思い、丁寧に、大切に持ってきたという印象になります。

実際のところ、バッグやポケットにむき出しのまま入れ、受付でそのまま出す人も多いですが、

受け取る側として気にする方もいらっしゃいますし、相手への礼儀という意味でもふくさは用意したほうが良いです。

 

ふくさにも色々ありますが、紫色のふくさなら慶事にも弔事にも使えるので、この1つだけでもあると便利です。

スポンサードリンク

 

香典のふくさがない場合は?

もし、ふくさを持っていない、場合は、他のもので代用するか、仕方がないのでむき出しのまま香典を出すしかありません。

ですが、上に書いたような理由で、そのまま出すのはあまりおすすめしません。

できれば次のような、代わりになる物で包むようにしましょう。

 

香典のふくさ 無い時に代用できるものは?

ふくさが用意できない場合は、小さな風呂敷やハンカチを代わりに使うことができます。

柄がついているものは避け、白や黒などの地味でシンプルなものに包みます。

 

包み方はふくさと同じように、ひし形に広げた布の中央に不祝儀袋を置き、

右の角、下の角、上の角、左の角の順でたたみます。

 

まとめ

香典は、ふくさに包んで持参するのがマナーです。

もし突然のことで用意できなかったとしたら、他のもので代用しても構いませんが、

その後で、今後のためにもふくさを購入することをおすすめします。

紫色のふくさなら、結婚式などお祝い事にも使えるので一つあると便利です。

スポンサードリンク