f720af995424ea4608adad3741552800_s

夏になると、猛暑日や熱帯夜が増えて、年々過ごしにくくなっている気がしますよね。

暑い日は、すぐに涼しくなりたくてついクーラーを強く入れてしまったり、
薄着で寝てしまったりするかもしれません。

ですが、そうして自分でも気がつかないうちに体は冷えていて、
それが夏バテの原因になっている可能性があるのです。

 

スポンサードリンク

 

夏バテの原因は冷え

昔は、夏の暑さによる疲れや、食欲・体力の低下が夏バテの主な原因だったため、
涼しいところで休むことが一番でした。

ですが現代では、クーラーで体が冷えすぎること、
外と内との温度差、汗をかかない生活習慣などが主な原因だと言われています。

 

体が冷えると、どうして夏バテになるのでしょう?

 

夏バテは冷えすぎてもなる

部屋の温度が低すぎたり、薄着で過ごすことで体が冷えます。

体が冷えると、全身の血行が悪くなり、胃腸の機能も落ちるため、食欲がわかなくなります。

そうして暑い夏を乗り切るだけの体力も落ちてしまい、夏バテになってしまうのです。

 

夏バテにならないよう冷え対策

体の冷えが原因となる夏バテを防ぐためには

やはり体が冷えすぎないようにすることと、冷えた場合すぐに温めるようにすることです。

室温は28℃

エアコンをつけたら、室温を28℃に保つようにします。

エアコンの設定温度を何℃にすれば良いかは、
各エアコンの性能や部屋の様子によって変わってくるため、

部屋の温度計を定期的に見るようにして、
28℃になっているかをチェックすると良いでしょう。

スポンサードリンク

 

扇風機を併用する

扇風機を回して、エアコンの冷気がまんべんなく部屋中に広がるようにします。

扇風機やエアコンの風は、体に直接当てるとかなり冷えてしまうのでやめましょう。

風を当てたいときは、うちわを使って熱のこもりやすい 首筋やワキ をあおぐことで、
体にも優しく涼をとることができます。

体の冷えを自覚し、温めるようにする

自分でも気付かないうちに体が冷えていることはよくあります。

体が冷えているかどうかをチェックするには、
首の後ろや二の腕の後ろ、お腹などに手を当てます。

手が暖かくて気持ちが良いと感じたら、体が冷えている証拠です。

軽い屈伸をしたり、肩や腕を回すなどの軽い運動で血行を良くする、
温かい飲み物を飲むようにする、上に一枚羽織るなど、体を温めるための対策をとりましょう。

 

まとめ

暑い日には、つい冷房の温度を下げすぎたり、薄着で過ごしてしまうものですが、
たとえ寒いと自覚がなくても、体は冷えているかもしれません。

体の冷えを見逃さず、冷えたら体を温めることが大切ですね。

スポンサードリンク