4e22bf975d1e1487412155de79148d09_s

暑い日が続くと、夏バテしてしまって
食欲がわかない、胃の調子が悪いなどの症状に
悩まされる人も多いかと思います。

暑い夏を乗り切るためにも、食欲不振や不調、
胃もたれした時の食事や対処法について確認しましょう。

スポンサードリンク

夏バテによる胃の不調

夏バテすると、胃腸の働きが弱まっているため
胃もたれしやすくなります。

夏を乗り切るために体力が必要だからといって、
こってりした油ものや肉類などのスタミナ料理を食べると、
弱った胃にさらに負担がかかってしまいます。

すると胃痛や胃もたれ、吐き気などの症状が現れ、
食べるのがもっと辛くなり、さらに夏バテが進むという
悪循環に陥ってしまうのです。

 

夏バテで胃もたれした時の食事は?

胃の調子が良くない時は、あまり量は食べられませんから、
無理をせず、食べられそうなものを可能な範囲で食べましょう。

無理に「食べなくちゃ」と思わなくても大丈夫です。

胃が疲れている時には少し休めて、食べられると思ったら
少しずつ、ゆっくりとよく噛んで食べましょう。

消化が良く、栄養価が高いものが良いですね。

うどん、おかゆ、温かいミルクやスープ、ヨーグルトなど、
さっぱりした食べ物は胃に負担がかかりません。

ノドごしの良いものや酸味のあるものも、食が進みますね。

酸味のあるものは、最初に食べることで食欲が増す効果があります。
梅干しを一口食べたり、酢の物やサラダから食べ始めると良いでしょう。

スポンサードリンク

そして、一緒に食べることで食欲増進や消化に良い効果がある
食べ合わせが多くあるので、ぜひ食事に取り入れてみてください。

・揚げ物にはレモンをしぼる
・天ぷらには大根おろし
・とんかつにはキャベツ
・焼肉にはニンニク
・お刺身にはワサビ
・カレーにはらっきょう

他にも、コショウや山椒、シソ、ネギ、カレー粉などの、
風味が増すスパイスやハーブ、薬味もぜひ料理に取り入れましょう。

唐辛子などの辛味も食欲増進には効果的ですが、
胃や腸を傷つける可能性があるので摂りすぎには注意してくださいね。

 

夏バテによる胃もたれの対処法

胃が弱っているときは、上記を参考に食事をとってみるほか、
冷たいものを避けるようにしましょう。

暑いからといって、冷たいものばかり食べると
胃腸が冷え、消化機能が低下して良くありません。

夏になると、気が付けば冷たいものばかりの食事だった!
ということも少なくありません。

冷製スープ、冷製パスタ、冷やし中華、そうめん
サラダ、アイスコーヒー、シャーベット…などなど。

温かいものを食べるほうが胃の働きは良くなるので、
1食につき1品は、湯気の立つ温かいものを取り入れましょう。

また、冷たいものでも、薬味やスパイスを足すようにすることで
体を温め、消化を助ける効果があります。

バニラアイスにシナモンパウダーをふりかけたり、
そうめんのつゆに生姜やネギを入れるなど、
ちょっとした工夫をするだけで随分変わってきます。

 

まとめ

夏バテで、胃の調子が良くないときは、
食事に温かいものを取り入れるなどして、

これ以上胃に負担をかけないように
暑い夏を乗り切りましょう!

 

スポンサードリンク