a6c63f72d6b366ddf34e59a657044197_s

梅干しは美味しくて、健康にも良いから…と、ついつい食べ過ぎてしまいますよね。

でも、梅干しをたくさん食べてしまった翌日、むくみが起きたりはしませんか?

 

なんでも、食べすぎというのは良くありません。

梅干しは一日何個が良いのか、一緒に食べると良い食品などもここで確認しておきましょう。

 

スポンサードリンク

 

梅干しの食べ過ぎはむくみやすい?

梅干しは健康にとても良い食品として知られていますよね。

梅干しの酸味のもとになっているクエン酸は、体に良い効果がたくさんあります。

 

疲労回復、血液サラサラ、美肌効果やアンチエイジング、ガンの予防 などなど

暑い時期には夏バテ対策としても効果的です。

関連:梅干しは夏バテ予防に効果的!クエン酸がカギ。レシピも紹介

 

そんな健康食品の優等生的な梅干しですが、食べ過ぎるとむくみの原因にもなるといいます。

そもそも、どうしてむくみが起こるのでしょうか?

 

むくみはなぜ起こるのか

むくみは、体内の細胞と細胞の間にある水分が、何らかの理由で増加した状態のことをいいます。

塩分が多いものを食べると、体内のナトリウム濃度が高くなり、

それを下げるために体が水分を取り込もうとして、余分な水分が排泄されにくくなり、むくんでしまうのです。

 

梅干しには、塩分が多く含まれています。

梅干しをたくさん食べてしまうと、塩分を過剰に摂取することになるため、むくみやすくなるんですね。

スポンサードリンク

 

梅干しは健康に良いけど・・・

この塩分取りすぎは問題ですね。高血圧や腎臓疾患などの原因にもなります。

美味しいからと、あまり梅干しを食べ過ぎないことが大切です。

 

また、塩分によるむくみを避けるためには、カリウムの多い食べ物を、水分とともに摂取するのもおすすめします。

カリウムには、過剰なナトリウムを外に出してくれる効果があります。

塩分の取りすぎによるむくみの解消にカリウムが豊富な食べ物を

 

梅干しは一日に何個まで?

一日に摂取する塩分量は、だいたい6g前後が目安とされています。

梅干しがどんなものかにもよりますが、仮に1個10gで、塩分が2g含まれているとすると、

3個梅干しを食べた時点で一日の塩分摂取量になってしまいます。

 

他にも様々な料理から塩分を摂取することになるので、毎日梅干しを食べるのなら、

基本的には1日1個と考えたほうがよさそうですね。

なるべく減塩タイプの梅干しにしましょう。

 

まとめ

梅干しは塩分濃度が高いために、食べ過ぎるとむくんでしまうんですね、

塩分の取りすぎによる病気も心配ですし、健康のためにも、

  • 梅干しを毎日食べるなら1日1個
  • 塩分を取りすぎたらカリウムと水分を摂取する

をぜひ意識しましょう。

 

スポンサードリンク