4216080b5bb4714d1224e352457544e1_s

七夕になると、みんなで飾り付けをして
短冊にお願い事を書いて、お祝いする人も多いかと思います。

でも、七夕の日に食べる料理に関しては、
何にしようかと迷われるかもしれませんね。

他の年中行事と同じように、七夕にも、
これを食べると良いという食べ物があるんですよ。

七夕にはコレ!というおすすめの料理をご紹介します。

 

スポンサードリンク

七夕の日には何を食べる?

七夕の献立は、これという決まりもなく

その時の冷蔵庫状況によって、なんとなく・・・
という人も多いかもしれませんね。

 

意外と知られていませんが、お正月のおせち料理のように

この日にはこれ!と伝統的に食べられているものが
七夕にもあるのです。

 

七夕の伝統料理は?

七夕の日に、伝統的に食べられているのは そうめん です。

そうめんといえば、お中元の定番ですし
夏にはよく食べられますよね。

それが実は七夕の行事食とされているのです。

※行事食というのは、季節ごとの行事やお祝い事で食べる料理のことです。

お正月には、おせち料理やお雑煮
ひな祭りには、ちらし寿司やひなあられ

といったものが行事食として食べられていますね。

スポンサードリンク

 

そうめんが七夕に食べられるようになったのは
最近のことかと思いきや、かなり歴史があります。

 

七夕のそうめんの由来

そうめんのルーツは、
中国の小麦粉料理「索餅(さくべい)」です。

 

古代中国で、ある子供が7月7日に亡くなって以来、
病が流行してしまいました。

厄除けのために、その子が生前好きだった索餅をお供えしたところ、
無事に流行り病が収まったことから、

7月7日に索餅を食べるとその一年無病息災で過ごせると言われ、
七夕の日に食べるようになりました。

 

日本には奈良時代に索餅が伝わり、
やがて長い歴史の中でそうめんに変化したのです。

 

そんな経緯があるので、七夕の日には
家族の健康を願ってそうめんを食べたいですね!

 

七夕の簡単メニュー

そうめん以外のおすすめ料理は次のとおりです。

ちらしずし

ちらし寿司は、彩りも良くてお祝い事にはぴったりです。

市販のちらしずしの素もあるので、手軽に作れます。

輪切りにしたオクラや、星形に型抜きしたニンジンなどを
トッピングすれば、七夕らしさが増しますね。

ゼリー

好きなフルーツを星形に抜いて飾ると
七夕らしくなりますし、見た目にも涼しくオススメです。

子供にもきっと喜ばれるでしょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

七夕には、ぜひそうめんを食べながら家族の健康を願いましょう。

他にも七夕らしい料理で彩りをそえると良いですね。

 

スポンサードリンク