13bb3dd1d3c21427615fbef4fc7aa6c0_s

夏になると、海や山、屋外イベントに出かけたりして
強い日差しを浴びることも多くなりますね。

そこでひどく日焼けして、そのうち皮がむけてくると
見た目も良くないので嫌になってしまいます。

日焼けによって皮がむけてしまったら、どのくらいで元に戻るのか、
早くきれいに治すにはどうケアして対処すれば良いか、
ここで確認しましょう。

 

なお、皮むけする前の予防についてはこちらの記事に書いています。

日焼けで皮がむける原因は?剥けない方法は?予防するには

 

スポンサードリンク

日焼けによる皮むけの期間は?

日焼けをした後、しばらくすると皮がむけてきます。

個人差はありますが、
だいたい日焼け後3~4日ほどで皮がむけますね。

 

そうなると所々まだらになってしまうので
一刻も早く治したいものですが、

皮膚はいつごろ元の状態に戻るのでしょう?

 

これも個人差があり、人によって変わってきます。

 

普段から肌をきちんとケアしている人なら、
日焼けでダメージを受けても早めに回復して、
数日~1週間ほどで治る可能性が高いです。

 

一方、普段はあまり肌のケアをしていない、
日焼けをしても特に何もしないというような人だと、
最悪数週間~数か月はかかることになるでしょう。

 

日焼けの皮むけをきれいにするには?

皮が早くはがれてほしいからといって、
自分で皮をむいてしまうのは絶対にやめましょう。

無理にむいてしまうことで、
回復するのにさらに時間がかかってしまいます。

スポンサードリンク

 

それに、自分でむいた後の肌よりも
自然に皮がはがれてきた後の肌のほうがきれいになります。

早くきれいにするためには、
自然にむけてくるのを待つのが一番なのです。

 

さっさとむいてしまいたい気持ちも分かりますが、
ここはぐっと我慢して、自然の流れに任せましょう。

 

日焼けによる皮むけを早く治すために

日焼けした後の肌は、かなり乾燥しています。

乾燥した状態というのが一番良くないので、
夏だからといって安心せず、しっかり保湿しましょう。

 

よく保湿することで、肌の再生を促し、自然と早くむけてくる上、
見た目にも、皮むけが多少目立ちにくくなります。

 

保湿成分が肌に浸透しやすいお風呂上りに、
乳液やジェルなどを塗ってケアしましょう。

 

肌のケアには食事も大切

肌の回復に効果のある食べ物を積極的にとることで、
体の内側からもケアできます。

ぜひ、以下を参考にして食事に取り入れてみてください。

 

ビタミンC
ビタミンCはメラニンを抑制し、色素沈着を防ぎます。
肌の新陳代謝もスムーズにします。

(例)赤ピーマン、アセロラ、ブロッコリー、レモン など

 

クエン酸
血流が改善し、ミネラルの吸収も促すので美肌効果があります。

(例)梅干し、レモン、キウイ、アセロラ など

 

亜鉛
亜鉛は肌のターンオーバーを活性化させる効果があります。
ビタミンC、クエン酸、動物性たんぱく質と合わせて摂ることで
効果的に吸収できます。

(例)牡蠣、豚肉(レバー)、ビーフジャーキー、ピュアココア など

 

まとめ

日焼けによって皮がはがれると、つい剥きたくなってしまいますが、

よく保湿してケアしながら、自然にはがれるのを待ちましょう。

そして、皮がむけた後の新しい皮膚は敏感なので、
これ以上の日焼けは避けるようにしてくださいね。

 

スポンサードリンク