52eb780f84806e04d17de5665a1f124f_s

夏の日差しが強い日に、うっかり日焼け対策を忘れて

見事に日焼けしてしまった…なんて経験ありませんか?

 

日焼けして皮がむけると、見た目も良くないので

できれば防ぎたいですよね。

 

皮むけする理由と、皮むけしないための対処法をまとめてみました。

 

スポンサードリンク

日焼けで皮がむける原因は?

日焼けで皮がむけてくるのはなぜかというと、

太陽の光によって皮膚の細胞が乾いてしまうためです。

そして、ひからびて死んでしまった細胞の皮がはがれてくるのです。

 

ちなみに、肌が黒くなることと、皮がはがれることは無関係です。

肌の色が黒くなるのは、大量の紫外線が体に当たることで

皮膚のメラニンが増えるため、見た目が黒くなるのです。

一方、皮がむけるのは火傷(やけど)をした状態と同じです。

 

健康のためには、体はあまり焼きすぎないほうが良いですね。

 

日焼け後に皮が剥けない方法は?

皮がむけると見た目にも結構目立つ上、後々シミになったりもするので、

なるべく皮がはがれるのは防ぎたいですよね。

 

日焼けした直後には、火傷した時と同じようによく冷やします。

冷たい水でタオルを濡らして、火照りが治まるまで肌に当てておくと良いです。

 

スポンサードリンク

 

そしてこれ以上の日焼けをしないように気を付けましょう。

 

日焼けの肌は炎症を起こしている状態なので、乾燥しやすいんですね。

皮がむけないようにするには、水分補給や保湿クリームで、肌を保湿することが大切です。

 

体を洗う時は、日焼けした皮膚をゴシゴシ洗うとむけてしまうので、

手で洗ったり、肌触りの優しいタオルでやさしく洗うようにします。

体を拭く時も同様に、「とにかく優しく」を心がけましょう。

 

  • 日焼けの直後に肌をよく冷やす
  • これ以上の日焼けは避ける
  • よく保湿してケアする
  • 肌をゴシゴシこすらない

 

これでだいぶ皮はむけにくくなると思います。

 

とはいえ、皮むけは日焼け前の予防が大事だったりするので、

日焼けした後に頑張って、それでも剥けてしまう場合は仕方ありません。

 

皮がむけてしまった後のケアは、こちらの記事に詳しく書いています。

日焼けによる皮むけの期間はどのくらい?きれいに早く治すには

 

日焼けによる皮むけを予防するために

日焼けしても、皮がむけないようにする方法で確実なのは、

やはり日焼け止めを塗ることと、長時間太陽にさらされないことですね。

 

日焼け止めを塗るかどうかで肌へのダメージは大きく変わりますし、

UVカットアイテムで日焼け自体しないようにするのが一番です。

 

そして、やはり乾燥は良くないので、

日焼けしそうな所に行く時は、皮膚が乾燥しないように

保湿クリームやジェルなどを塗って保湿しましょう。

 

スポンサードリンク