200669f9fda3ae5abd433a8b25b1dd60_s

暑中見舞いと残暑見舞いについて、似ているようで異なるこの二つの違いは何か、

送る時期はいつからいつまでか、両方送るのはどうなのか、など

気になるポイントについてまとめてみました。

 

スポンサードリンク

 

暑中見舞いと残暑見舞いの違いは?

「暑中見舞い」と「残暑見舞い」は、暑い時期に相手の健康を気遣い、近況を報告する夏の挨拶状です。

寒い時期には「寒中見舞い」を送りますね。それと同じような季節の挨拶状です。

 

それでは、暑中見舞いと残暑見舞いで何が違うのかというと、送る時期ですね。

どちらも夏の暑いシーズンに送るのですが、簡単に言えば

「暑くなりましたね、お元気ですか?」というのが暑中見舞い
「まだまだ暑いですね、お元気ですか?」というのが残暑見舞い

という違いがあります・・・と言っても分かりにくいですよね^^;

具体的にいつからいつまでの期間に送るのかを見ていきましょう。

 

暑中見舞いと残暑見舞いの期間は?

暑中見舞いは?

暑中見舞いを送るのは「暑中」の時期、つまり

「小暑」~「大暑」~「立秋」の前日まで の時期に送ります。

 

今年2016年の場合は、小暑が7月7日、立秋が8月7日なので、

7月7日~8月6日 が暑中見舞いの期間になりますね。

 

ただし、上記の期間でも梅雨が明けていないうちは暑中見舞いを送りません。

小暑が過ぎて梅雨が明けてから、立秋の前日までに送りましょう。

梅雨明けの時期は地域によって異なるので、

送る相手の地域で梅雨が明けているか注意してくださいね。

 

スポンサードリンク

残暑見舞いは?

一方、残暑見舞いを送るのは

「立秋」~「処暑」~「白露」の前日まで となっています。

 

今年2016年の場合は、立秋が8月7日、白露が9月7日なので、

8月7日~9月6日 が残暑見舞いの期間になります。

 

立秋を過ぎても暑さが続いているので、暑さが残る「残暑見舞い」というんですね。

 

暑中見舞いと残暑見舞いを両方送るのは?

暑中見舞いと残暑見舞いは、

一般的には どちらか一方を出せば良い とされています。

 

とはいえ、両方出したからといって特に問題があるわけでもないので、

両方出したい場合は出してもらって構いません。

 

暑中見舞いや残暑見舞いは、一般的にはどちらか片方で良いとされていますが、

絶対に片方だけしか送ってはいけない、というものでもないのです。

 

まとめ

暑中見舞いと残暑見舞いの違いは、送る時期の違いだったんですね~

暑い日が続く中、相手の方を気遣う気持ちを込めて送れば、きっと喜ばれることでしょう。

 

スポンサードリンク