469aaec581143023529b4981d9537333_s

暑中見舞いや残暑見舞いといった季節の挨拶状を送ろうという時、

相手の方が喪中の場合はどうしようか…と迷ってしまう方も多いかと思います。

ここでは、喪中の相手に暑中見舞いを出しても大丈夫なのか、

マナーや文例などをご紹介します。

 

スポンサードリンク

暑中見舞いを喪中の相手に

暑中見舞いは、喪中の相手に送っても問題ありません。

 

喪中には、お祝い事やおめでたいことは避けるものですが、

暑中見舞いや残暑見舞いは「季節のお見舞い」なので、お祝い事ではありません。

 

ですので、暑中見舞いや残暑見舞いといった季節の挨拶状は

出しても良いというのが一般的です。

 

新年には、喪中の人に年賀状の代わりに「寒中見舞い」を送りますよね?

年賀状は、新年を喜び祝うものなので送りませんが、

寒中見舞いは「季節のお見舞い」なので、出しても良いのです。

 

暑中見舞いや残暑見舞いも、それと同じことなんですね。

 

暑中見舞いの喪中のマナーは?

喪中はお祝い事やおめでたいことを避けるので、

お祝いではない暑中見舞いは出しても問題ないのですが、

それでもハガキの文面や絵柄、送る時期などには気を遣う必要があります。

 

ハガキのイラストは、落ち着いていて、シンプルなものにしましょう。

あまり派手なものは送らないようにしてくださいね。

 

スポンサードリンク

 

そして、ハガキを出すタイミングについては

四十九日を過ぎた忌明けからにします。

 

相手の四十九日がいつなのか分からない場合は、今年は送るのを控えるか、

時間をおいて送るようにすると良いです。

送る時期によって暑中見舞いか、残暑見舞いにするかが変わってきますので注意しましょう。

 

暑中見舞いと残暑見舞いの違いや、それぞれを出す期間については

こちらの記事に詳しく書いています。

暑中見舞いと残暑見舞いの違いは?期間はいつ?

 

暑中見舞いの喪中の文例は

 

暑中お見舞い申し上げます

○○様がご逝去なさって、皆様におかれましては
寂しい毎日をお過ごしのこととお察しいたします。

謹んでお悔やみ申し上げますとともに、
○○様のご冥福をお祈り申し上げます。

これからも暑さが続きますので、くれぐれもご自愛ください。

平成○○年盛夏

 

残暑見舞いの場合は、挨拶文を「残暑お見舞い申し上げます」とし、

文末の「盛夏」も、「晩夏」や「立秋」と変えてくださいね。

 

まとめ

暑中見舞いは、喪中の相手に送っても良いものですが、

文面や絵柄、送る時期などには注意しましょう。

 

スポンサードリンク