0cffb8c2b1c5f3fde65ba42bf58186b2_s

夏といえばウナギ、夏バテにも効果があって、

土用の丑の日にはウナギを食べると良い と言われますが、

実際のところどうなのか…と疑問に思われる方もいるかもしれません。

うなぎはなぜ夏バテに良いと言われているのでしょうか。

 

スポンサードリンク

うなぎで夏バテ防止?

夏の土用丑の日にうなぎを食べると良いと言われていますが、

そう言われるようになったのは、江戸時代にまでさかのぼります。

 

諸説ありますが、一番有名なのは平賀源内が発案したという説ですね。

夏にうなぎが売れないと悩んでいたウナギ屋に、平賀源内が

「本日丑の日」と書いて店に貼るようアドバイスしたのだそう。

丑の日に「う」の字がつく物を食べると夏負けしないという風習からヒントを得たものでしたが、

おかげでそのウナギ屋は繁盛し、それ以来、土用丑の日にはうなぎを食べることが定着したということです。

 

でもこれだけ聞くと、ただ売り上げをアップさせるためだけに言い出したようで

本当にうなぎが夏バテ解消に良いのか分かりませんよね。

 

うなぎは夏バテに効果あり

ですが、実際にうなぎは夏バテに効果があるんです!

平賀源内がそこまで分かった上で助言したのかは不明ですが、

実際うなぎは栄養満点で、必要な栄養が不足しがちな夏にはぴったりなんですね。

スポンサードリンク

 

夏バテの原因の一つには、栄養不足があります。

夏の暑い時期にはたくさんの汗をかき、同時にミネラル成分も排出されてしまいます。

さらに、食欲がわかずバランスの悪い食事が続くことで、栄養が不足してしまうのです。

 

うなぎが夏バテに良い理由

そんな時に、不足しがちな栄養が多く含まれているうなぎを食べることで、

夏バテを予防することができるのです。

 

うなぎは、ビタミンB1をはじめとするビタミン類やミネラル、タンパク質が豊富です。

 

ビタミンB1は、糖質を分解してエネルギーに変える働きを助けるので、

ビタミンB1が不足すると、エネルギー不足になって疲れやすくなります。

他にも手足のしびれや、むくみ、集中力の低下、イライラなどを招くこともあります。

 

元気が出ない時は、ビタミンB1とタンパク質を一緒に摂ることで、

ビタミンB1で即効性のパワー、タンパク質で持続性のパワーを出すことができます。

 

ビタミンB1はニンニクやニラ、ネギなどと一緒に食べると吸収されやすくなるので、

例えば「うなぎとニラの卵とじ」といった料理はオススメです。

 

さいごに

うなぎは、豊富な栄養素が含まれているので、実際に夏バテに効果があります。

 

ビタミンB1が疲労回復のカギで、冷やし中華などの麺類や、

清涼飲料水などの糖質が多くなる夏には積極的に摂るようにすると良いですね。

 

また、うなぎは消化吸収も良いので、疲れた胃腸にも優しいです。

ただし、うなぎはビタミンCを含まないので、野菜なども一緒に食べるようにしましょう。

 

スポンサードリンク