cd560498b9e5dc26b2d114e5964a66ce_s

花火大会やお祭りで浴衣を着ていくとなった時、どんな持ち物が必要でしょうか?

巾着やかごバッグなどの小さいバッグでは、あまり多くの荷物は入りませんし…

ここでは、なるべく手荷物が少なくてすむように、
最低限の持ち物や、あると便利なグッズをご紹介します。

 

スポンサードリンク

花火大会で浴衣の時の持ち物は?

浴衣姿でお出かけするときは、あまり大荷物でいくのではなく、
極力少ない荷物で行きたいものです。

浴衣によく合わせる巾着やカゴバッグといったものは、小さめのものが多いですからね。

できるだけ持っていくものは選び抜いて、大事なものをコンパクトにまとめたいですね。

 

浴衣女子の持ち物はコレ!

タオル or ハンカチ

汗を拭いたり、浴衣の着崩れを防ぐことができます。
帯が緩んできたときに、タオルやハンカチを帯の中に挟むことで良くなります。
バッグに入れるのも良いですが、浴衣の袂(たもと)に入れておくと取り出しやすいです。

 

ウェットティシュ

屋台で食べ物を買って、色々食べるうちに手が汚れることもあるでしょう。
うっかり浴衣を汚してしまうこともあるかもしれません。
そんな時はハンカチよりウェットティッシュのほうが良いですね。

 

財布

長財布は巾着などに入らないと思うので、小さい小銭入れ程度にしましょう。

 

携帯電話

帯と浴衣の間にはさんでおけば、バッグの中の荷物も減りますし、バイブでもすぐに気が付きます。

 

扇子

暑い時にあおぐ物があると、だいぶ涼しさが違いますよね。
見た目にも風情があって良いですし、こちらも帯に挟んでおけます。

 

虫よけ

花火大会では虫よけは必須です。
スプレーも良いですが、こんなグッズもあるのでおすすめです。

 

荷物はできるだけ少ないほうが良いですから、コンパクトに付けられるものは便利ですね。

 

浴衣の持ち物で便利なもの

絆創膏

慣れない履物を履いていくと、どうしても靴ずれしがちですよね。
そんな時に備えて数枚持っておき、靴擦れした部分に貼っておけば多少痛みが和らぎます。

 

安全ピン

浴衣が着崩れてきた時に、応急処置として留めておけるように用意しておきましょう。

 

ビニール袋

コンビニなどでもらう小さいビニール袋を1~2枚持っておくと、
ゴミ袋にしたり、敷物代わりにできたりするので便利ですよ。

 

スポンサードリンク