3aa0db80c89fea772b7ec88bf781032f_s

夏は花火大会やお祭りなどで、浴衣を着る機会も多いかと思います。

でも浴衣って、見た目は涼しそうなのに、いざ着てみるとけっこう暑いものなんですよね。

あちこち歩きまわると汗ダラダラなんてことも。

そんな浴衣を少しでも涼しく着こなすために出来る工夫や持ち物などをまとめてみました。

 

スポンサードリンク

 

花火大会に浴衣 暑さ対策は?

浴衣で出かけた時、少しでも涼しく過ごせるように次のような物を持っていきましょう。

 

扇子・うちわ

浴衣にはやっぱり扇子やうちわですね。
帯に挟んでおけば荷物になりませんし、すぐに取り出してあおぐことができます。

 

てぬぐい・ハンカチ

汗をふくのに必須です。こまめに汗をふくことで不快感は和らぎます。
それだけでなく、帯が緩んできたときに、帯の中に挟んで着崩れを防ぐことができます。

 

保冷剤

暑い時に首の後ろなどに当てて冷やすと気持ちいいですよ。
ペットボトルの飲み物を凍らせて持って行っても良いですね。

 

日傘

日が出ているうちから出かける時は、日傘があると涼しく、紫外線対策にもなります。
首の後ろなどはけっこう日焼けしやすいのでオススメです。

スポンサードリンク

 

浴衣で汗をかかない方法

浴衣でなるべく汗をかかないように、浴衣を着付けする前の段階からできることがあります。

それが

  • シャワーを浴びること
  • 部屋をクーラーで冷やすこと

この二点です。

 

浴衣の着付けは、慣れないうちは着付けするだけでも大変で、汗をかいてしまいがちです。

そこで、着付けを始める前に冷たいシャワーをさっと浴びておくことで、
体温が下がってさっぱりした状態で浴衣を着ることができます。

 

また、着付けをする部屋も涼しいほうが汗をあまりかかずにすみますね。

ちょっと強いかな?と思うくらいの冷房で冷やすと丁度良いですよ。

着付けの段階で汗をたくさんかいた時と、そうでない場合とでは不快感も全然違います。

 

そして、お出かけ後はうちわや扇子でこまめにあおぎましょう。

首元や袖口から風を送るようなイメージであおぐと涼しく感じます。

 

上の暑さ対策と合わせて、ぜひ意識してみてください。

 

まとめ

いかがでしたか?

花火大会やお祭りなどで浴衣を着ると風情がありますし、暑さ対策をして涼しく着ていきたいですね。

あとは、浴衣も生地によって涼しさが変わってくるので、購入時にはぜひその辺も注目してみてほしいです。

 

スポンサードリンク