e97568c8b1759339c3081782f55d623c_s

夏になると、猛暑と冷房で身体が疲れてしまい、夏バテとなりますが、
秋にも夏バテと同じような症状「秋バテ」に悩まされることがあります。

秋バテの原因を知って、しっかりと対策をしましょう!

 

スポンサードリンク

 

夏バテが長引くと秋バテに!

夏バテが長引いて深刻になると「秋バテ」になってしまいます。

秋バテの症状は、基本的には夏バテと同じような症状で、
疲労や肩こり、だるさ・倦怠感、睡眠不足、食欲不振などの体の不調を感じます。

 

夏が過ぎたから安心というわけではないんですね。

 

秋バテの原因は?

秋バテの原因となっているのは

  • 体の冷え
  • ストレス

この二つが理由として挙げられます。

 

季節が変わって秋になると、涼しく過ごしやすくなるので
夏の間に溜まった疲れが軽くなり、食欲も増して元気になるはずなのですが・・・

夏場の体の冷えで自律神経が乱れると、その体調不良を秋になっても引きずってしまうのです。

 

体の冷えには2種類あります。

 

まずは 内臓冷えタイプ

キンキンに冷えた飲み物や氷、アイスクリームなどを頻繁に食べていると、
内臓が冷えてしまい胃腸の働きが弱っていることが考えられます。

 

そして 冷房冷えタイプ

エアコンがよく効いた室内で過ごすことが多かった人は、クーラー冷えしている可能性があります。

そして部屋の中と屋外の気温差についていけず、自律神経が乱れている恐れがあります。

 

このように、暑いからといって身体を冷やしすぎたことで、血のめぐりが悪くなり、
疲れやだるさ、肩こりなどの症状がでたり、食欲が無くなったりするのです。

 

また、ストレスがたまっていると心身の疲れが増し、回復も遅れてしまいます。

ストレスの多い生活を送っている人も注意が必要です。

スポンサードリンク

 

秋バテの対策と食事は?

秋バテを防止するためには、基本的に夏バテの対策と同じように、
原因のひとつである「体の冷え」を解消することです。

 

身体をじんわり温めて、血流を良くするのです。

全身の血のめぐりが良くなれば、溜まった老廃物や疲労物質が出てくれます。

 

内臓が冷えている場合は、あまり冷たいものを摂りすぎないように
湯気の立つ温かいものや、体を温める効果のある食材を食事に取り入れて改善しましょう。

参考記事:夏バテの原因でもある冷えの対策にこんな食べ物で温まろう!

 

食欲が無い、胃の調子が悪いときはあまり無理をしないで、
消化が良く、栄養価が高いもので食べられそうなものを食べてください。

参考記事:夏バテによる胃の不調、胃もたれした時の食事や対処法は?

 

まとめ

秋になっても、夏バテと同じような秋バテの症状に悩まされる人が増えているといいます。

秋を元気に過ごすために、夏の疲れを持ち越さないようにしたいですね。

 

スポンサードリンク