edcdec8ed35e93f9f7c0a19c4ed4a479_s

入院の知らせを受け、お見舞いに品物を持っていくとなった時、

何にすれば良いか迷ってしまいますよね。

せっかくなら相手を元気づけるもの、喜ばれるものを贈りたいですが、

何かと気を付けなければいけないことも多いです。

お見舞い品でおすすめの物やタブーの品、金額の相場などを確認しましょう。

 

スポンサードリンク

 

入院のお見舞いは何がいい?

お見舞いに持っていく品物は、花や果物、お菓子が一般的です。

他にも本や雑誌、小物類も喜ばれます。

その中で、相手の病状に合わせたものを選びましょう。

例えば食事制限のある人に食べ物は贈ることができないので、

そういう方にはお花や、あると便利な小物を持っていくなどですね。

 

入院のお見舞い品の金額は?

品物の金額は、3千円~1万円ほどを目安に贈りましょう。

相手との間柄によっては、現金を包んでも構いません。

入院中は何かとお金がかかるので、お見舞い金も喜ばれると思います。

お見舞いでお金を渡す場合の金額の相場や入れ方などのマナー

 

お見舞い品でおすすめは?

まずは定番のお花ですが、病院で特に規制されていないなら、相手が好きな花を贈ると良いでしょう。

そのまま飾れるフラワーアレンジメントがおすすめです。

ただ、花は気持ちをなごませますが、病院や病気によっては病室に飾れない場合もあり、

贈るのはタブーとされている花も多いので注意してください。

 

スポンサードリンク

 

果物、お菓子類も、やはり相手の好物だと喜ばれます。

においや刺激があまり強くなく、お菓子は手軽に片手で食べられるものが良いですね。

病気によっては食事制限で食べられないこともあるので、前もって家族の方に確認すると良いでしょう。

 

また、入院中は時間が余って暇なことが多いので、本や雑誌、写真集なども喜ばれます。

気分が明るくなるような内容のものがオススメです。

 

お見舞い品でダメなもの

花には、贈らないほうが良いものがけっこう多いです。

まずは鉢植えの花。「寝付く」に通じるので避けましょう。

香りが強すぎる花、花粉が落ちやすい花、手入れが面倒な花も避けたほうが良いです。

またあじさいは「色があせる」、シクラメンは「死苦」、菊や白い花は「弔事」を連想させます。

 

パジャマも「寝付く」につながるので嫌がる人もいます。

入院が長引くことを連想させるようなものは選ばないようにしてくださいね。

目上の人には、直接身につけるものだったり、下着やスリッパなど腰から下につけるものを贈るのはやめましょう。

 

まとめ

入院中は、病気やケガなどで気が滅入ることが多いです。

相手をはげまし、元気が出るようなお見舞いの品を選んでくださいね。

 

スポンサードリンク