04a66abb92ae9ca7f9e27084c4df7ac4_s
土用丑の日に食べる物といえばうなぎですが、

うなぎ以外にも食べると良いとされる食材がいくつかあるんです。

「う」のつく食べ物や土用餅、土用蜆、土用卵など・・・

うなぎ以外の行事食について、その効果とともにご紹介します。

 

スポンサードリンク

 

土用丑の日の行事食

土用の丑の日の食べ物といえば、代表的なのは うなぎ ですね。

参考:丑の日にうなぎを食べて夏バテ防止!

うなぎは土用丑の日の行事食となっています。

※行事食というのは、季節ごとの行事やお祝い事で食べる料理のことです。

例えばお正月には、行事食としておせち料理、お雑煮、お屠蘇などを食べますよね。

 

ですが、丑の日の行事食はうなぎの他にもあるんです。

 

土用丑の日でうなぎ以外のもの

うなぎ以外の食べ物としては、

  • 「う」のつく食べ物
  • 土用餅
  • 土用しじみ
  • 土用卵

といったものがあります。

 

まずは「う」のつく食べ物について、見ていきましょう。

 

うどん

うどんは消化が良いので、夏バテで胃腸が弱っているときも食べやすいです。

 

梅干し

梅干しの酸味によって食欲増進につながります。

その酸味の元になっているクエン酸には疲労回復効果があり、夏バテに負けない体を作ります。

 

瓜(うり)

きゅうり、かぼちゃ、すいかなどのウリ科の野菜は、水分やカリウムが多く含まれるので、

体の熱を冷まし、体内の塩分濃度や水分量を調節してくれます。

 

他には 馬肉(うま)牛肉(うし)も、うのつくものとして食べると良いと言われています。

 

スポンサードリンク

 

土用の丑の日に何食べる?

次は、土用餅、土用しじみ、土用卵について見ていきましょう。

 

土用餅

土用餅というのは、土用の丑の日に食べるあんころ餅のことです。

おもちは力餅、餡に使われるあずきは厄除けに良いとされ、無病息災を願って食べられていました。

実際、おもちは高カロリーで消化が良く、小豆はビタミンB1が含まれるので疲労回復に効果的です。

 

土用しじみ

しじみは「土用の蜆(しじみ)は腹の薬」と言われるほど栄養が豊富で、昔から土用の丑の日に食べられていました。

肝臓の働きを助けてくれたり、貧血の防止や免疫力の向上などに効果があります。

しじみは夏と冬に旬があり、夏は「土用しじみ」、冬は「寒しじみ」と呼ばれています。

旬の時期は特に栄養価が高くなるので、夏バテしやすいこの時期に土用しじみを食べるのはとても効果的なのです。

 

土用卵

土用卵とは、土用の時期に産まれた卵のことで、栄養価が高く、うなぎと同様に精がつく食べ物です。

かつて、鶏が有精卵を産むシーズンが土用の時期だったので「土用卵」と呼ばれ、滋養食として食べられていました。

今はほとんどが無精卵ですが、栄養が豊富なことに変わりはありません。

 

まとめ

いかがでしたか?

土用丑の日の食べ物はうなぎ以外にも色々あるんですね。

ぜひこれらの食べ物を食事に取り入れて、暑い夏を乗り切りましょう!

 

スポンサードリンク