c52cd32b15aaa8f607ae579b403ef5e5_s

ラーメンなどの麺類やお味噌汁、ハム、漬け物、梅干しなど、

塩分が多い食事が原因となってむくみが生じやすくなります。

この記事では、なぜむくんでしまうのかという理由と、むくみ対策に良い食品をご紹介します。

 

スポンサードリンク

塩分取りすぎでむくみが!

塩分を取り過ぎると、どうしてむくみが発生してしまうのでしょうか?

 

むくんだ状態というのは、何らかの理由で細胞間の水分が増加した状態です。

この場合、塩分を摂りすぎたことで体内のナトリウムが過剰になり、体は水分をたくさん取り込もうとします。

その結果、体内の余分な水分が排泄されにくくなり、むくんでしまうのです。

 

塩分過多にはカリウム摂取が効果的

水分や塩分を摂りすぎてしまって体が重い、むくむという時には、カリウムが豊富に含まれる食品を食べましょう。

 

カリウムには、ナトリウム(塩分)を排出する働きがあります。

また、腎臓が尿酸やタンパク質などの老廃物を排泄するのを促す作用もあります。

スポンサードリンク

 

つまりカリウムをとることで、身体に溜まった余計なものを尿とともに体の外へ出してくれるのです。

 

塩分によるむくみを解消する食べ物

カリウムが豊富な食材には次のようなものがあります。

 

●野菜

切り干し大根、ほうれん草、かぼちゃ 、ミニトマト、リーフレタス、キュウリ、ナス など

 

●果物

夏ミカン、リンゴ、バナナ、スイカ、干しぶどう など

 

●穀類

スパゲティ、オートミール、ライ麦パン、大麦、玄米 など

 

●豆類

きなこ、納豆、おから、あずき、緑豆はるさめ など

 

●魚介類

かつおぶし、煮干し、いわし、干し海老、鮭、まぐろの赤身 など

 

●海藻類

わかめ、昆布、ひじき、のり など

※干したものだと、さらにカリウムは豊富になります

 

●肉類

鶏ササミ、鶏レバー、豚ヒレ肉、牛ヒレ肉、馬肉 など

 

●乳製品

牛乳、ヨーグルト、カマンベールチーズ、脱脂粉乳 など

 

まとめ

いかがでしたか?

塩分取り過ぎは良くないと分かっていても、つい塩辛いものを食べ過ぎてしまった時には、カリウムを積極的に摂りましょう。

カリウムは、調理することで食材から流れ出てしまいやすいので、生で食べられるものは加熱せずに食べるようにすると良いですね。

 

スポンサードリンク