4cc74d1ffc60e0ee4b8bf81aac2a27b2_s

隅田川花火大会は毎年多くの人が集まる大人気の花火大会です。

花火の打ち上げ場所は第一会場と第二会場に分かれていますが、せっかくならどちらも見たい!と思う方も多いのではないでしょうか?

そこで、隅田川花火大会の第一会場と第二会場の花火を両方楽しむことができるスポットをまとめてみました。

 

なお、第一会場と第二会場の違いなどについては、こちらの記事に詳しく書いています。

隅田川花火大会の第一会場と第二会場の違い どっちがおすすめ?

 

ぜひ訪れる際の参考にしてみてくださいね。

 

スポンサードリンク

 

隅田川花火大会で第一会場と第二会場を両方とも

それでは、両会場の花火を鑑賞することができる観覧スポットを挙げていきます。

隅田公園

隅田公園は隅田川の両岸にあって、墨田区と台東区にまたがる公園です。

第一会場から近く、第二会場の花火も見ることができる絶好の観賞スポットなので、毎年大人気となっています。

それだけに場所取りも困難なので、良い場所で見るために徹夜で挑む人も多いです。

当日でも朝7時までには到着していたほうが良いでしょう。

言問橋

両岸の隅田公園にかかる橋で、第一会場に近いため、こちらも間近で花火が見られます。

かなり混雑する上、橋の上は座ったり立ち止まることができないので、歩きながらの鑑賞になります。

また花火大会当日は墨田区側(スカイツリー方面)から台東区側(浅草方面)の方向に一方通行規制されるので、注意が必要です。

水戸街道

当日は夕方から交通規制され、歩行者天国になります。

場所によっては花火が建物に遮られてしまう場合もあるので注意してください。

スポンサードリンク

吾妻橋

吾妻橋は第一会場と第二会場の中間にある橋です。

言問橋と同様、橋の上で立ち止ることは出来ないので歩きながら花火を見ます。

こちらは台東区側から墨田区方面に一方通行になります。

駒形橋

駒形橋も第一会場と第二会場の間にあり、歩きながら花火を観賞します。

また花火大会当日は墨田区側から台東区側の方向に一方通行規制され、立ち止れません。

東駒形三丁目交差点

こちらも第一会場と第二会場の花火をどちらも観ることが可能です。

毎年交通規制されていて、座って花火を見ることができます。

厩橋

歩きながら、第二会場の花火を真正面に鑑賞することができ、第一会場の花火も観ることができます。

立ち止ることはできず、台東区から墨田区側への一方通行となります。

蔵前橋

多くの屋形船も蔵前橋付近に集まるほど、花火を見るのには絶好の場所となっています。

ただ厩橋より会場からは遠いので、第一会場の花火は小さめではあります。

当日は墨田区から台東区側に向かって一方通行になるので、他の橋と同様注意してください。

タワーホール船堀(江戸川区総合区民ホール)展望塔

少し距離は遠いものの、入場無料の展望室で第一会場と第二会場の花火を見ることができます。

小さめの花火をゆったり楽しむには良いでしょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

両方の会場の花火を見ることができるスポットは意外とありますね。

なお、第一会場と第二会場では花火打ち上げ開始時間が異なりますので、

橋を渡りながら花火を見る場合は、渡る時間をよく見極めてくださいね。

それでは、ぜひ隅田川の花火を楽しんできてください!

 

スポンサードリンク