母の日に贈るプレゼント、何にしようか迷いますよね。

一年に一度の、感謝の気持ちを伝える大切な機会ですから、
お母さんに喜んでもらえるギフトを用意したいです。

この記事では、母の日の贈り物におすすめの花を紹介します。

 

スポンサードリンク

母の日の贈り物でおすすめは?

お母さんに贈るプレゼントは様々なものが考えられます。
お母さんが普段使っている好きなものや、食べ物、化粧品などなど…

その中でも、母の日ギフトの定番といえはやはりカーネーションです。

カーネーションは、赤はもちろん
ピンク、オレンジなど様々な色があり、
花言葉もそれぞれの色によって異なっています。

赤は定番すぎてちょっと・・・という方も、
他の色や花言葉で好みのカーネーションを選んでみてはいかがでしょうか?

カーネーションを贈る由来や花言葉について詳しく知りたい方は
こちら⇒母の日2016年はいつ?カーネーションの由来は?

 

ただ、今回ご紹介するのは青色のカーネーションです。

 

青いカーネーション ムーンダストの花言葉

サントリーがオーストラリアの会社と共同開発した
青いカーネーションというのがあります。

その名も「ムーンダスト」

なんでも世界初の青色のカーネーションということで、
とても貴重なものなんですね。

青色といっても、実際に見てみると
どちらかといえば紫色に近いような気もしますね。
ムーンダストの中でも、花によって色の濃淡があってきれいです。

「ムーンダスト」という名前は、
月のようにやわらかな包容力のある花に
という思いが込められているといいます。

コンセプトは「幸せを願う青い花」で、
その花言葉は「永遠の幸福」です。

白や黄色のカーネーションなど、
贈り物としては注意が必要な色というのもありますが、
この青色なら、コンセプトや花言葉からもギフトにピッタリですね。

 

母の日に贈り物でムーンダストを

赤色やピンク色などのカーネーションはよくありますが、
青色のカーネーションは知らなかったという方も多いのではないでしょうか?

花言葉も母の日にぴったりですし、
受け取る側もサプライズで喜ばれると思います。

毎回贈るお花が決まっているという方も、
たまには異なる品種のお花を選ぶことで
贈る方も受け取る方も楽しみが増えて良いのではないでしょうか。

 

スポンサードリンク