6317f4f6074a75abeb8039a2201eb172_s

夏はお祭りや花火大会、イベント事などで浴衣を着る機会も多いですよね。

そんな時悩むのが、帯のお手入れ方法です。

着用後の帯はどう手入れしてしまえば良いのか・・・

汗を吸って気になるけど、浴衣と同じように帯も洗えるのか・・・

来年も気持ちよく使用できるように、浴衣帯の手入れについて確認しておきましょう。

 

スポンサードリンク

 

浴衣の帯のお手入れは?

まずは着用後の帯の基本的なお手入れ方法について見ていきましょう。

帯は着用して多少汗を吸っていると思いますので、乾いたタオルなどで拭いてからハンガーにかけ、風通しの良い所で陰干しして湿気を取ります。

一晩陰干しした後、手のひらでシワをのばしてから、畳むか巻いてしまいます。

シワがひどい場合は、当て布をして低温でアイロンをかけましょう。

 

浴衣の帯の洗濯は自宅でできる?

帯の洗濯に関してですが、まず、基本的に帯は洗いません。

上に書いたようなお手入れをきちんと行っていれば、帯はずっと大事に使い続けることができるのです。

スポンサードリンク

とはいえ、汚れが目立つところに付いてしまったり、大量の汗を吸ったので洗いたいと思うこともあるかもしれません。

そういう時は、自宅で何とかしようとせずに、クリーニングに出したり、呉服屋さんに相談するのが安心です。

帯は自分で洗えないものがほとんどで、洗うと型崩れしてしまったり、色が落ちたりしてしまいますから、専門店に持っていくのが確実なのです。

ただ帯も素材によっては、手洗いOKの洗濯表示があるものもあるので、その場合は自宅でも洗うことが可能です。

 

まとめ

基本的に帯は、風通しの良い所で陰干しして湿気を取り、シワをのばしてたたむ、これで十分なのです。

ほとんどの帯は自分では洗えないので、汗や汚れが気になる場合は、クリーニングや呉服屋さんに相談するのが一番確実です。

 

スポンサードリンク