c8df7fce18648a1e6cbb4f7e6fd966b9_s

夏に送る季節の挨拶状「残暑見舞い」ですが、送る期間はいつからいつまでなのでしょう?

また、残暑見舞いを出す時期を過ぎてしまった場合、どうすれば良いのでしょうか?

そんな残暑見舞いのマナーについてご紹介します。

 

スポンサードリンク

 

残暑見舞いの時期はいつまで?

まず、残暑見舞いを送る時期はいつからいつまでなのかを確認しましょう。

残暑見舞いを出す期間は、

「立秋」~「処暑」~「白露」の前日まで となっています。

 

今年2016年の場合は、立秋が8月7日、白露が9月7日なので、

具体的には 8月7日~9月6日 が残暑見舞いの時期ということになります。

 

ただ、この送る時期というのは諸説あり、8月中のうちに出すという話もありますので、

出来れば8月末までに送るほうが良いでしょう。

スポンサードリンク

 

残暑見舞いの時期を過ぎたら?

もし、残暑見舞いを送る時期が過ぎてしまった場合はどうすれば良いのでしょうか?

これが暑中見舞いなら、時期が過ぎれば残暑見舞いに切り替えて送れば問題ないですが、

残暑見舞いが終わると、次の季節の挨拶状は、冬の年賀状や寒中見舞いまでありません。

 

ですので、「~見舞い申し上げます」といった書き出しで始まる形ではなく、

普通のハガキを書くようにして、文章の中でお見舞いの言葉を入れて送るようにしましょう。

具体的にはどういう文章が良いのか、書き方の参考までに簡単な例文をご紹介しますので、

必要に応じてアレンジしつつお書きください。

 

残暑見舞いを過ぎた場合の文例

拝啓

日一日と秋の色が濃くなってまいりましたが、いかがお過ごしでしょうか。

ようやく涼しくなりましたが、そろそろ夏の疲れが出やすい頃ですから、

くれぐれもご自愛ください。

遅ればせながら、お見舞い申し上げます。

敬具

平成○○年 初秋

スポンサードリンク