7ead2e2c89044795550d6a359e907a15_s

旅館に渡すチップ(心付け)について、渡すべきなのか疑問に思ってしまいます。

海外ならともかく、日本の旅館に泊まる場合でも必要なのか、ここで確認しておきましょう。

 

スポンサードリンク

 

旅館でチップ サービス料込み

宿泊費にサービス料込となっていたら、その上でさらにチップも渡さなければいけないの?と思ってしまいますよね。

ですが、基本的には旅館でチップは不要です。

 

欧米流のチップは、サービスを受けたことに対する対価として支払うべきものですが、

それが日本では、チップが無い代わりに「サービス料」を宿泊費とともに取っているのです。

ですので、サービス料を支払った上にさらにチップを渡す必要はありません。

 

旅館でチップはいらない

もしサービス料が上乗せされていない場合も、無理にチップを渡すことはありません。

きちんとした宿なら、サービスについて一定の基準やマニュアル等があり、

チップのあるなしや渡した金額の多寡でサービスが変わることはないといいますから、

少なくとも定評のある宿で、チップの有無でサービスに差がつくことはないと考えて良いでしょう。

 

スポンサードリンク

 

お金よりむしろ、宿の人に「よろしくお願いします」「ありがとう」「ご苦労様」といった感謝の言葉をかけるなど

コミュニケーションをきちんととっておくことが、気持ちよく滞在する上で大切なのではないでしょうか。

 

旅館でチップが必要な場合は?

それでも、場合によってはチップを渡したほうが良いケースもあります。
何か特別な要望をお願いする場合、一般的なサービスを超える手間をかけてしまうことがある場合、
気持ちとして「渡さないと気が済まない」と思った時などはチップ(心付け)を渡すほうがいいでしょう。
その際の詳しいマナーなどは以下の記事に書いています。

 

 

まとめ

このように、基本的に日本の旅館ではチップは不要です。

もし通常よりもお世話をかけたり迷惑をかけてしまった場合は、気持ちとして心付けを渡したほうがいいでしょう。

なので無理して渡すのではなく、素晴らしいサービスを受けて渡したいと思った時に渡す、という認識で良いと思いますよ。

 

スポンサードリンク