f72a6f213590ac22f169df7767efbc87_s

以前の記事 ⇒ 旅館でのチップは必要?いらない? でも書いたように、

基本的には日本の旅館でチップは不要ですが、それでも渡した方が良いケースもあります。

この記事では、チップ(心付け)を渡す場合には金額はいくらくらいが良いのか、

相場やお金の包み方、タイミングなどのマナーをご紹介します。

 

スポンサードリンク

 

旅館でのチップの相場は?

ところで、渡すお金をチップやら心付けやらと言いますが、厳密には両者は異なるものです。

欧米流のチップは、サービスを受けたことに対する対価として支払うべきもの(義務)ですが、

日本の旅館ではサービス前に「ご迷惑をおかけします」と渡したり、感謝の気持ちとして渡すもの(任意)なので、

チップと区別するためにも「心付け(心づけ)」と言うことにします。

 

では、心付けの相場はいくらくらいなのか?という話ですが、

宿泊代の1割程度というのが一般的で、1、2、3、5できりの良い金額を渡しましょう。

つまり1000円、2000円、3000円、5000円ほどです。

1万円以上払うケースは、よほど大人数だったり料金が高い場合でない限り、そうそうありませんね。

 

スポンサードリンク

 

旅館でのチップの包み方

海外のチップの場合は現金をそのまま渡すのが決まりですが、心付けのお金は、裸のままでは渡しません。

お年玉を入れるようなポチ袋に入れたり、和紙や懐紙で包んで渡しましょう。

 

表書きは特に書かなくて大丈夫ですが、気になるなら「心ばかり」や「お礼」などと書いても良いですね。

急きょ心付けを渡すことになってポチ袋等を準備していない場合は、ティッシュに包んでもかまいません。

とにかく現金をそのまま渡さないようにしましょう。

 

旅館のチップを渡すタイミングは?

心付けを渡すタイミングは、上にも書いたように 何かしらのサービス・親切をしてもらう前です。

特別な要望、お願いを聞いて下さる方に「ご迷惑をお掛けしますがよろしくお願いします」等の言葉を添えて渡します。

宿のご主人や女将さんに話す場合は旅館に到着した時、仲居さんの場合は部屋に案内してもらった時になるでしょう。

 

もし心付けを渡しても断られた場合は、再度受け取ってもらうよう伝えましょう。

それでも受け取ってもらえない時は、旅館側で心付けの受け取りが禁止されている可能性が高いので、お礼の言葉を伝えて取り下げてください。

 

スポンサードリンク