dcd3b63835f75c9e7142a8cb91fac164_s

読書感想文を書くとなった時、まず本選びから迷ってしまいますよね。

なかなかどんな本がいいのか分からなかったり、選択肢が多すぎても困ってしまいます。

そこで、この記事では読書感想文の本選びのコツ、こんな作品が書きやすいというおすすめをご紹介します。

本を選ぶときの参考になれば幸いです♪

 

スポンサードリンク

 

読書感想文の本の選び方

いい読書感想文を書こうと思ったら、最初の本選びは重要です。

やっぱり自分のやる気が起こるような「好きなもの」「興味あるもの」の本を選ぶのが一番です。

「もう仕方ないからこれにしよう」といって本を選ぶのと、「早く持ち帰って読みたい」と思える本を選ぶのとでは、

後者のほうが自分のモチベーションも上がりますし、楽しく読めますよね。

嫌だな~と思いながら読んで感想文を書くよりも、楽しみながら読んだほうが感想文も書きやすいです。

 

読書感想文の本で書きやすい作品を見つけるには

例えば、何かしらの部活動や習い事などをやっているなら、それをテーマにした本を読んでみるのはどうでしょう?

自分もよく慣れ親しんで色々経験しているため、登場人物たちに感情移入がしやすく、感想も書きやすいと思います。

 

または、自分の好きなことから連想して本を選んでも良いかもしれませんね。

例えばテレビが好きならタレント・芸人さんが出している本やドラマの原作を読んでみたり、

ゲームが好きなら、冒険ものやSF、神話の本などを読んでも面白いと思います。

自分が好きなこと・気になることに関連する本を探していくと、芋づる式に見つかっていきますよ。

スポンサードリンク

 

読書感想文の本でおすすめは?

自分が興味があって読みたい本というのが一番ですが、その上でさらにおすすめを挙げるとするならば、

映画やドラマになっていたり、漫画化されている作品というのは書きやすいですね。

本では読んだことが無くても、漫画やドラマ、映画なら見たことがあるという場合、

既にあらすじを知っていますから、多少読み飛ばしてもなんとかなります。

もし話の内容が原作とは違っていたとしても、その違いを比較して書けるのでおすすめですよ。

 

例えばスポーツがテーマの本だと、『バッテリー』(あさのあつこ)や『一瞬の風になれ』(佐藤多佳子)

『サッカーボーイズ』(はらだみずき)や『武士道シックスティーン』(誉田哲也)などは、

漫画やアニメ化されていたり、ドラマや映画になっていたりしますよね。

他にも有名な作品はそういったものが多いです。

 

まとめ

いかがでしたか?

自分の好きなこと・興味のあることに関する本を楽しく読んで、

新たな発見をしたり、考えさせられたりしたことを読書感想文に書けるのが理想的ですよね。

ぜひ、お気に入りの本を見つけて頑張ってください!

 

スポンサードリンク