8f88f95e540f9d893c5458be29a994f0_s

この記事では、ゴーヤが夏バテ対策にどんな効果を発揮するのか、栄養素や効能の確認と、

ゴーヤを使った夏バテに効く簡単料理をご紹介します。

 

スポンサードリンク

 

ゴーヤは夏バテにどんな効果が?

夏の暑さを乗り切るためには、こまめに水分補給をしたり体の熱をほどよく冷ますことが大切です(冷えすぎても体の不調を招きます)

こちらの記事 ⇒ 夏の暑さ対策に体を冷やす効果がある野菜や食べ物! でもご紹介していますが、

ゴーヤは体を冷やす働きがある食品で、夏を乗り切るための栄養も豊富に含まれているため、夏バテ防止に効果的なのです。

ゴーヤの旬は6月~8月で、特に8月のゴーヤは味の美味しさも増すといわれています。

では具体的にゴーヤの栄養成分と効能を確認しましょう。

 

ゴーヤの栄養が夏バテに良い

●β‐カロテン

体内でビタミンAとしても働きます。活性酸素を除去する抗酸化作用があります。

 

●ビタミンB1

糖質を分解してエネルギーに変える働きがあり、疲労の回復には欠かせません。

 

●ビタミンC

美白・美肌効果や免疫力のアップ、ストレスを和らげる効果などがあります。

 

●モモルデシン

ゴーヤ独特の苦味はこの成分によるもので、胃腸を刺激し食欲増進や消化促進などの効果があります。

また抗酸化作用や、血圧・血糖値を安定させる働きもあります。

 

●カリウム

むくみの解消やデトックス効果があります。

 

●食物繊維

腸内環境を改善する効果があります。

スポンサードリンク

 

ゴーヤの夏バテに効くレシピ

それでは、ゴーヤを使用した夏バテ解消レシピをひとつご紹介します。

簡単に作れるものなので、ぜひ食卓の一品に加えてみてはいかがでしょう^^

ゴーヤとウナギの酢の物

    【材料】

  • ゴーヤ・・・100g
  • うなぎの蒲焼・・・100g
  • 酢・・・大さじ1
  • みりん・・・小さじ2分の1
  • 砂糖・・・大さじ4分の1
  • 塩・・・少々

ゴーヤを縦半分に切って種とワタを取り除き、薄切りにします。

切ったゴーヤは熱湯でさっとゆでた後、冷水で冷まして水気を絞ります。

うなぎは縦半分に切り、5mm程度の幅に切ります。

調味料を混ぜ、うなぎとゴーヤを加えて和えたら完成です。

 

食欲不振やだるさ・疲労の回復、肌の老化防止などの効果が期待できます。

うなぎも栄養豊富で夏バテ予防に効果的な食材なんですよ。

関連記事:丑の日にうなぎを食べて夏バテ防止!効果がある理由は?

 

まとめ

いかがでしたか?

暑い夏を乗り切るために、栄養豊富なゴーヤをぜひ食事に取り入れてみてください。

ただし、健康に良いからといってあまり食べ過ぎるのは良くありません。

人によっては刺激が強くて腹痛などを起こす場合もあるので、ご自身の体調と相談しながら適度に摂取してくださいね。

 

スポンサードリンク