4673dcade10d885d94508a4951794131_s

この記事では、冬瓜(とうがん)の栄養素やどんな効能があるか、冬瓜を使った簡単レシピなどをご紹介します。

 

スポンサードリンク

 

冬瓜の栄養や効能は?

冬瓜は、その字を見ると冬の野菜のようですが、夏が旬の食材です。

なぜ夏の野菜なのに「冬瓜」かというと、切らずに保存すれば、冬まで日持ちするのでそう呼ばれているそうですよ。

冬瓜の成分は95%が水分ですが、次のような栄養成分も含まれています。

 

●ビタミンB1

糖質を分解しエネルギーに変える働きがあり、疲労回復には欠かせません。

 

●ビタミンB2

脂肪の分解、エネルギー代謝促進、細胞の新陳代謝を促す働きがあります。

 

●ビタミンC

美白・美肌の効果や免疫力アップ、ストレスを和らげる効果などがあります。

 

●カリウム

むくみ解消、デトックス効果があります。高血圧の予防も。

 

●カルシウム

精神安定につながります。

 

●食物繊維

腸内環境を改善し、便秘解消につながります。

スポンサードリンク

 

冬瓜は夏バテにも効果が!

冬瓜は体を冷やす効果がある食べ物として薬膳料理などにも利用されます。

関連記事:夏の暑さ対策に体を冷やす効果がある野菜や食べ物をご紹介!

暑さ対策には水分補給をしっかりすることと、体の熱をほどよく冷ますことが大切ですが、

冬瓜は水分が多いので、水分不足の身体にしみわたり、暑気バテした体の熱を冷ましてくれるのです。

あっさりとした味わいなので、食欲が無い時にも食べられますよね。

 

また、冬瓜はカロリーが低いので、ダイエットにも効果的な食材です。

カリウムが比較的多く含まれているため、むくみを解消してくれるのも嬉しいポイントですね。

 

冬瓜を使った栄養レシピ

それでは、冬瓜を使った簡単な料理をご紹介しましょう。

冬瓜とにんにく&アンチョビ炒め

    【材料】

  • 冬瓜・・・250g
  • ニンニク・・・1かけ
  • アンチョビ・・・2枚
  • オリーブオイル・・・大さじ2分の1
  • 塩・・・適量

冬瓜は種とワタを取って皮をむき、一口大5mm程度の厚さに切ります。

ニンニクはつぶし、アンチョビは細かく刻みます。

フライパンにオリーブオイルを入れ、冬瓜とにんにくを中火で炒めます。

冬瓜に火が通って透けてきたら、アンチョビを加えて炒め、塩で味を調えます。

 

だるさ・疲労感の改善や、便秘解消の効果が期待できます。

にんにくとアンチョビのうまみが、淡泊な冬瓜に合わさり食が進みます。

 

まとめ

いかがでしたか?

暑い夏を乗りきるために、ぜひ食事に取り入れてみてください。

ただ冬瓜の体を冷ます効果は、冷房などで体が冷えすぎている時には逆効果なので、食べ過ぎないよう注意しましょう。

クーラーや冷たい飲み物・食べ物で体が冷えすぎるのも、夏バテの原因となります。

関連記事:夏バテの原因にもなる冷えすぎは良くないので対策が必要

 

スポンサードリンク