4fdbfc981ba539924faff23d5e34d6d8_s

枝豆といえば、アルコール分解を助けてくれるため、ビールのおつまみとしてよく食べられますが、

実は夏バテ防止にも効果を発揮するんですよ!

この記事では、そんな枝豆の栄養素や効能、夏バテ対策に良い簡単料理をご紹介します。

 

スポンサードリンク

 

枝豆は夏バテ予防に良い!

枝豆はビタミン、ミネラル類を多く含む、栄養豊富な食品です。

だるさ・疲労感からの回復に良く、大豆にはないビタミンCが豊富に含まれているのも嬉しいポイントです。というのも、大豆になるとビタミンCは失われてしまうのです。

では、枝豆に含まれている主な栄養成分を確認しましょう。

枝豆の栄養と効果

●β‐カロテン

体内でビタミンAとしても働き、活性酸素を除去する抗酸化作用があります。

 

●ビタミンB1

糖質を分解しエネルギーに変える働きがあり、疲労回復には欠かせません。

 

●ビタミンB2

脂肪の分解、エネルギー代謝促進、細胞の新陳代謝を促す働きがあります。

 

●ビタミンC

美白・美肌の効果や免疫力アップ、ストレスを和らげる効果などがあります。

 

●ビタミンE

抗酸化作用、血行促進、美肌効果などがあります。

スポンサードリンク

 

●サポニン

抗酸化作用、血流改善、肥満予防などの効果があります。

 

●イソフラボン

生活習慣病の予防や改善、美肌効果などがあります。

 

●メチオニン

うつ症状を改善したり、アルコールの分解を促進します。

 

●カリウム

むくみ解消、デトックス効果があります。高血圧の予防も。

 

●食物繊維

腸内環境を改善し、便秘解消につながります。

 

枝豆の夏バテ対策レシピ

上記を見ていただくと分かるように、枝豆には様々な栄養素が含まれているため、夏バテ予防に効果的なのです。

そんな枝豆を使った、簡単に作れる夏バテ解消レシピをひとつご紹介します。

サトイモのずんだ和え

    【材料】

  • 枝豆・・・100g
  • サトイモ・・・3個
  • 砂糖・・・小さじ1
  • 塩・・・適量

枝豆を柔らかめにゆで、実を出して薄皮をむきます。むいた枝豆をペースト状にすりつぶし、砂糖と塩を加えて混ぜます。

里芋は皮をむいて食べやすい大きさに切り、やわらかくなるまで茹でます。

ゆでた里芋のぬめりを洗い落として、枝豆のペーストを和えたら完成です。

疲労回復や便秘の解消、美肌効果などが期待できます。

ぜひサイドメニューに作ってみてはいかがでしょうか^^

 

まとめ

いかがでしたか?

夏は暑さから食欲がなくなり、つい栄養が偏ってしまいがちですから、バランスの良い食事を心がけたいですね。

そこに枝豆もプラスして、ぜひ夏バテを撃退して暑さを乗り切りましょう!

 

スポンサードリンク