7b5d7b6bec26a1f744e7c336b9a84d8f_s

夏になると、お祭りやイベントなどはもちろん、ご家庭でもカキ氷を食べる機会が増えてくると思います。

かき氷って、シロップによっていろんな味が楽しめますし、どれも美味しいですよね!

 

そんなかき氷に使うシロップですが、実はどれも同じ味だという話があるのはご存じですか?

嘘、あんなに違う味がするのに、どういうこと…!? とびっくりですよね^^;

この記事では、そんな気になるカキ氷シロップの味や成分についてまとめてみました。

 

スポンサードリンク

 

かき氷のシロップ 味の違いは…

よくスーパーなどで売られているかき氷シロップ、色々な種類が色も鮮やかに置いてありますよね。

特に代表的な味の種類は、次のようなシロップ

  • いちごシロップ
  • メロンシロップ
  • ブルーハワイシロップ
  • レモンシロップ

または他にも、

  • コーラシロップ
  • 水(すい、砂糖水の略)
  • オレンジシロップ
  • マンゴーシロップ
  • グレープシロップ

などなど、たくさんのものが挙げられます。

ですが・・・定番でベタな味のシロップは、ほとんどが同じ味なのです。一体どういうことでしょう?

スポンサードリンク

 

かき氷のシロップって色が違うだけ?

こうした一般的なシロップは、購入するときに原材料を確認してみると分かりますが、

ほとんどが果糖ブドウ糖液糖や砂糖、香料、着色料といったものが原料で、果汁は全く加えられていません。

えっ…と思われるかもしれませんが、「果物の味がするようで実は果汁が入っていないもの」って意外とたくさんあるんです。

 

では、どこで味に差をつけているのかというと、着色料による色の違いと香料の香りです。

どうやら人は、目に入る色・見た目と、食べるものの匂いによって、味の感じ方が大きく変わるらしく、

もし鼻をつまんで目をつぶりながら食べると、視覚と嗅覚が失われるので味の違いが認識できなくなるとのこと。

 

一般的なかき氷シロップは

色の違い+香料の違い

これによって様々な味を表現していたんですね。

 

かき氷のシロップ 成分は同じだった

シロップの味が異なるように感じるのは、香料と着色料の違いであって、本来の味は同じということでした。

 

しかし、これだけたくさんのかき氷シロップが売られている中には、もちろん例外もあります。

例えば、上の例には挙げていませんが「抹茶味」や「コーヒー味」など、特殊な味のシロップは同じではありませんし、

無添加で本物の果汁を使っている商品ももちろんあります。
この機会に色々なシロップを見比べてみてはいかがでしょうか^^

 

スポンサードリンク