8197e1e395660e955ddcbb764a820d52_s

人それぞれ、何かしら癖というのがあると思いますが、

意外と悩んでいる人が多いのが、指の皮をむくクセです。

そもそも、どうして指の皮をむいてしまうのでしょう?

皮をむく癖を直すにはどうすれば良いのでしょうか?

 

スポンサードリンク

 

指の皮をむく心理は?

指の皮をむいてしまう原因ですが、その背景には子供の頃の習慣が残っているといいます。

多くの場合、幼い時に強いストレスを感じてこの癖がついてしまい、

そのまま大人になってもやめられず、リラックス効果としてむいてしまうのです。

特徴としては、痛くても、血が出てもやめられないことが挙げられます。

これは自傷行為とも言われ、子供の頃は気が小さく、言いたいことを我慢することが多かったような人、

威圧的な性格をもつ親の子供がなりやすいとされています。

「これをすればリラックスできる」と頭の中にインプットされているため、

大人になっても癖が治らない人はなかなか治りにくいと言われています。

スポンサードリンク

 

指の皮をむく癖を治すには?

では、どうすれば指の皮をむく癖を治すことができるでしょうか?

 

ひとつには、物理的にむけなくさせることです。

例えば指サックをつけたり、絆創膏や包帯、手袋などで指をカバーし、

むいてしまう部分を隠してしまうのです。

家はもちろん、外出する時も目立たない絆創膏などをして剥く行為を減らしましょう。

 

そして、手のお手入れを念入りに行うことも効果的です。

ハンドクリームをよく塗り込み、爪もきれいに整えて手をきれいにすると、

そのうち皮をむくのがもったいないと思えるようになります。

 

また、なるべくストレスの少ない状況にすることも大切です。

精神的に不安定だと、無意識のうちに癖がまた出てきてしまいます。

癖を直すのは時間がかかりますが、少しずつ、根気よく治していきましょう。

 

スポンサードリンク