7a38a425b510a75b82d025a6fa497eae_s

夏休みの宿題として出されることが多い読書感想文。

でも、なかなか書けない!というお子さんも多いのではないでしょうか?

前回の記事では、小学1年生・2年生の読書感想文の書き出し部分について、例文などをご紹介しました。

読書感想文の書き始めのコツ!小学校低学年版、書き出し例

この記事では、メインの内容となる部分はどのように書いていけば良いか、書き方のコツや構成をご紹介します。

 

スポンサードリンク

 

読書感想文の書き方 低学年のコツは?

読書感想文を書くにあたって、まずは読んだ本の中で面白かったところや、気になった部分、印象的な場面などをチェックします。

それをもとに感想文を書いていくので、分かりやすいように、その箇所に付せんを貼っておくと良いですね。

いくつか候補が見つかったら、その中でも特に気になる箇所を2つか3つ選んで、数を絞りましょう。

注意点としては、読書感想文を書くのはあくまで子供なので、付せんを貼る箇所も子供が自分で選ぶようにしてくださいね。

 

読書感想文 低学年の構成

・書き始めの部分

まずは書き出しの言葉から始めます。

こちらの記事でもご紹介したように、あまり難しく考えず、簡単なもので大丈夫ですよ。

 

スポンサードリンク

 

・感想文の中心部分

付箋でチェックした、本の中で特に面白かった場面、気になったところ、印象的な部分などについて書きだし、

そうしてその場面が気になったのか、それについて自分はどう思い、何を感じたのか書きます。

 

例えば、

ある場面を読んで悲しいと思った

→ なぜ悲しいと思ったのか?

ある人物がこういう行動をしたのが印象に残った

→ どうしてそんな行動をしたと思う?自分ならどうする?

 

というふうに、気になる部分を掘り下げて書いていくのです。

そうすると文の量もそれなりに増えますし、良い感想文になると思います。

 

・終わりの部分

最後に、その本を読んだことで、これからの自分はどうしていきたいか、読書後の自分の変化などについて書けると良いですね。

 

例えば、

本の中のある人物の行動を知って、自分もそんなふうになりたいとか、

逆に自分はそうならないようにしたい、といったことですね。

 

まとめ

いかがでしたか?

小学1、2年生では、まだまだ文章を書き慣れていなかったり、上手く書きたいことが書けなかったりするかもしれませんね。

ですが、文章は書く回数を重ねるうちに、だんだんと上手くなっていきますので、

今は子供が何を感じたか、その素直な感想を引き出すことを一番に考えてみてください^^

 

スポンサードリンク