4781a75104c32ee7a69ed6df223b30cc_s

干し芋は、時間が経ってくると表面に白いものが付着してきますよね。

これは食べても問題ないものなのか、それともカビが生えてしまったのか・・・

この記事では、干し芋の表面に付いている白い粉について、白カビとの違いや見極め方法などをご紹介しています。

 

スポンサードリンク

 

干し芋のカビの見分け方は?

干し芋の表面に付着している白いものですが、果たして干し芋独特の白い粉なのか、白カビが生えているのか判断に迷ってしまいますよね。

 

白カビの特徴は、胞子状になっていることです。

表面にあるその白いものが盛り上がってフワフワしている場合、白カビだと分かります。

一方、白い粉の場合は、表面に薄く粉が吹いているだけです。

白い粉と白カビにはこんな形状の違いがあるので、その白い物がどういう状態で付着しているかを確認してみてください。

 

干し芋の粉とカビ

そもそも、干し芋の白い粉は何なのかというと、干し芋に含まれる糖分が表面に浮き出てきたものです。

干し柿にも同じように白い粉がありますが、それと同じものですね。

 

白い粉は干し芋が作られた瞬間から付いているわけではなく、時間が経つにつれてだんだん表面に浮き出てきます。

白い粉が吹きはじめる前の干し芋は、食べて噛んでいくごとに甘みが出る状態ですが、

白くなると表面に糖分がある状態なので、食べた瞬間に甘く感じます。

干し芋は、見た目の変化だけでなく、このような味の変化もあるんですね^^
 

スポンサードリンク

 

干し芋の表面のカビの種類

干しいもは、昔は保存食として食べられていたため、よく乾燥させて固く、カビが生えにくくなっていました。

ですが最近の干し芋は、食べやすいように柔らかくしっとりしているため、カビも出やすい状態です。

 

干し芋に発生するカビは、主に白カビ、青カビ、茶カビといった種類があります。

こうしたカビは、気付かず少量を食べてしまったなどの場合は、そこまで害は無いですし仕方ありませんが、

だからといって健康のためにはあまり食べて良いことはありません。

 

また、カビさえ取り除いてしまえば残りは食べられると思われがちですが、

目に見えるカビを取っても、中にはカビの根が残されている可能性が高いため、もったいなくても食べずに処分したほうが良いでしょう。

 

まとめ

干し芋の白い粉は、糖分なので食べると甘くて美味しいものです。

干し芋は白くなったほうが美味しいので好きだという人も多いです。

ですがこれが白カビだと食べる訳にはいかないので、違いを知ってよく見極めてくださいね。

 

スポンサードリンク