7b6e3f39b974f17ddc1c7945b57a7a3d_s

いつも使う傘や、気に入っている傘が、ある時臭うようになってしまったら、

その嫌な匂いはどのように解消すれば良いのでしょう?

この記事では、傘が臭う原因や臭いを消す方法、臭わないようにする対策などをご紹介します。

 

スポンサードリンク

 

傘の臭いの原因は?

そもそも傘のあの嫌なニオイの原因は何なのかというと、主に雑菌やカビによるものです。

雨には空気中のほこりや泥などが混ざっていて、雨水とともに傘に付着します。

そうして傘に付いた汚れや水分によって、雑菌が増殖したり、カビが生えたりして臭いを発生させるのです。

つまり、臭いの原因を絶つためには、傘の水分や汚れをそのまま放置しないことが大切だということですね。

 

傘の臭い取りの方法は?

傘に匂いがついてしまったら、それを消すためには洗うのが一番です。

薄めた中性洗剤を使い、スポンジでやさしく洗った後、水でよく流します。

 

ものによっては傘の布が色落ちしてしまう場合もあるので、あらかじめ色落ちしないか端のほうで確認してみてください。

もし色落ちする場合は、洗剤は使わずに水洗いで丁寧に汚れなどを落とします。

 

傘を洗い終わったら、直射日光は避け、陰干ししてよく乾かしましょう。

傘を乾かす時に直接日光に当てると、色落ちしたり生地が痛んでしまうため、長く大事に傘を使っていくなら陰干しが良いですね。

スポンサードリンク

 

傘の臭い対策

傘が臭わないようにするには、やはり傘を使用した後のケアが大切です。

上記のような臭い取りのやり方はありますが、それ以前に臭わないようにするのが一番ですよね。

 

臭いの原因のところでもお話ししたように、傘の水分や汚れは放置せずに落として乾かすことが大事です。

傘をさした後は、周りの迷惑にならないように傘を軽く振って雨水を落とします。

帰宅した時は、同じように傘の水分を落とし、可能であれば布を使って拭き取ると良いでしょう。

布で拭くことで、水分だけでなく表面の汚れも落とすことができます。

そして雨が止んだら傘を広げ、陰干しして乾かします。

 

まとめ

いかがでしたか?

雨傘にニオイが付くのを防止するためには、普段から使用後のケアに気を付ける必要があるんですね。

それでもうっかり濡れたままにして、臭いが発生したら、洗剤や水洗い等で洗ってよく乾かしてください。

 

スポンサードリンク