a1973f5c979bb3e0bf5150e1fc03bb8e_s

畑のさつまいも掘りや家庭菜園などで収穫した、掘りたてのさつまいも。

たくさん量があると、なかなか短期間では食べきれないので、なるべく長持ちさせたいですよね。

正しい保存の仕方をすれば、ある程度長期にわたって美味しく食べることができます。

そんな掘りたてサツマイモの保存方法について見ていきましょう。

 

スポンサードリンク

 

さつまいもの保存方法の前に

まずは収穫後のさつまいもについて注意しておきたいポイントがあります。

それは、水で洗わないこと。

収穫したさつまいもに付着した土は、優しくはたく程度で、土がついた自然な状態が好ましいです。

さつまいもは水に弱いので、洗ってしまうと傷みやすくなります。

農園などには、水で洗えるように洗い場がある場合もありますが、長期保存するなら、土が付いたままの状態で持ち帰りましょう。

もし、さつまいもを水洗いしてしまった場合は、なるべく早めに食べてくださいね。
 

スポンサードリンク

 

さつまいもを収穫後に保存

さて、土がついたさつまいもを持ち帰ったら、1つずつ新聞紙に包みます。

サツマイモも呼吸しているので、ビニール袋など密閉性の高いものは、窒息してしまい腐る原因になるのでやめましょう。

そして新聞紙に包んださつまいもは、直射日光が当たらない、風通しの良い場所で常温保存します。

さつまいもが大量にある場合は、段ボールの底に新聞紙を敷いて、さつまいもを入れ、その上からさらに新聞紙で挟んで包むようにしましょう。

 

さつまいもの保存で長持ちさせるには

長期保存と聞くと、つい冷蔵庫に入れたくなってしまいますが、さつまいもは寒さに弱いので常温保存が基本です。

室温は13度~15度くらいの場所が理想です。

それ以上冷えると黒く変色してしまう場合があり、日持ちもしないので注意してください。

寒さ対策としては、さつまいも1つ1つを新聞紙に包んでダンボールに入れ、クシャクシャの新聞紙を隙間に詰めたり、上から毛布をかぶせたりする方法もあります。

冬などは、このように出来るだけ暖かくして保存すると良いですね。

 

まとめ

いかがでしたか?

このような保存方法で、およそ1か月ほど持ちます。

さつまいもを掘って収穫した後は「早く食べないと」と思われるかもしれませんが、さつまいもは収穫直後より、ある程度保存したほうが甘さが増します。

ぜひ正しく保存して美味しくいただきたいですね。

 

スポンサードリンク