5a80bc21c8d5062e957c755341128eb3_s

最近では、ハロウィンのイベント等で子供が仮装する機会も増えましたね。

仮装の中でも、魔女は定番の衣装で特に人気が高いです。

ハロウィンの日には、魔女の仮装とメイクで子供を可愛くしてあげましょう^^

この記事では、魔女の仮装に似合う簡単でかわいいハロウィンメイクをご紹介します。

メイクに必要な物や、肌に負担をかけないやり方などもご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね♪

 

スポンサードリンク

 

ハロウィンのメイクで魔女 子供の場合は?

ハロウィンの魔女メイクには本当に色々なものがあります。

大人がするメイクなら、不気味で怖い魔女もいけるかもしれませんが、あくまでも子供のメイクなので、本人が鏡を見て泣き出さない程度が良いですよね^^;

魔女のハロウィンメイクには、どんなものがあるでしょうか?

例えば、こちらの動画!

魔女のポイントは、目尻から上に向かってアイラインをひき、赤や紫がかった色のリップを塗ってあけること。

動画ではグラデーションにしていますが、濃いめの赤いリップだけでもかわいいと思いますよ^^

魔女は魔女でも、「魔女の宅急便」のキキのような衣装なら、あえて特別なメイクをしなくても、淡い色のリップとチークを少し入れるくらいで十分可愛くなるでしょう。

 

こちらは簡単にできる猫顔メイク。

魔女の衣装にネコのメイクというのも、かわいいのではないでしょうか^^

鼻とひげのところだけ、ささっと描いてあげるだけでも立派な猫になります。


スポンサードリンク

ハロウィンメイクで必要な道具は?

紹介した動画のやり方なら、基本的にはママが持っているメイク道具で出来てしまいますね。

あとは、子供の肌は化粧に慣れていませんから、メイク前には下地をきちんと作ってあげると良いですよ。

お子さんが敏感肌なら、下地クリームを塗る前にスクワランや馬油などを塗ってあけると、より安心です。

そして、メイクをした後は、上からベビーパウダーで押さえるとメイクが長持ちするのでおすすめです。

 

ハロウィンメイクで肌に負担をかけないならこんな物も!

メイクだけでなく、フェイスペイントをする方法もあります。

フェイスペイント用絵の具には「ミラクルペイント」がオススメです。

水なしで塗って、落とす時はシールのように剥がすことができます。

皮膚科の先生と共同開発したとのことで、アレルギーが出にくく肌への安全性にもこだわっているそうですよ。成分は、脱タンパク天然ラテックスゴムと顔料から出来ています。

失敗しても簡単にはがして描き直すことができますし、ゴシゴシこすらなくて良いので、肌への負担も少なく落とすことができますね。

ハロウィン用に、かぼちゃやコウモリなどの型抜きシール(ステンシル)も売られていますし、ペンを使って好きなように描くこともできます。

参考までに、こちらの動画では色々なフェイスペイントが見られます。

凝ったものが多いですね~。ここまで複雑なのはなかなか難しいかもですが^^;

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

仮装のメイクやフェイスペイントなど、難しく思われるかもしれませんが、少しでも参考になれば幸いです。

当日は、すてきな仮装メイクでハロウィンを盛り上げましょう!

 

スポンサードリンク