dad65ca43a4080af3b1cb4602db5117f_s

秋になると、月を眺めてお団子を食べるお月見の風習がありますよね。

でも、そもそもなぜお月見をするの…?

どうしてお団子やススキを飾るの…?

そんな疑問を感じる方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、お月見をする由来やお供え物の意味などについて、見ていきたいと思います。

 

スポンサードリンク

 

お月見はなぜするの?

お月見の風習は、奈良時代~平安時代に中国から伝わってきました。

それから平安時代の貴族たちの間では、観月の宴が開催されるようになります。

その後、江戸時代になると、お月見は秋の収穫祭として庶民に広く親しまれるようになります。

秋の実りに感謝し、豊作を願う意味で、お団子や里芋、ススキなどをお供えするようになりました。

つまりお月見をするのには、

農作物の豊作の祈願と、秋の収穫の感謝

という意味があるんですね。

お月見の時期は?

月見は、旧暦8月15日の夜(八月十五夜)と、旧暦9月13日の夜(九月十三夜)に行われます。

八月十五夜を「十五夜」といい、十五夜の月は「中秋の名月(仲秋の名月)」と呼ばれます。九月十三夜は「十三夜」と言います。

昔の人は、十五夜と十三夜のどちらか片方の月見しかしないのは「片月見」といって、縁起が悪いと考えていたようですね。

これらの日にちは旧暦ですので、新暦の現在はお月見の時期も毎年変わります。

今年2016年の場合はいつになるかというと、次のとおりです。

  • 十五夜…9月15日の夜
  • 十三夜…10月13日の夜


スポンサードリンク

 

月見に団子やススキの由来は?

では、お月見にするお供えには、それぞれどんな由来があるのでしょうか。

●月見団子

お月見に供えるお団子は、白くて丸い形が満月を表し、月への信仰と収穫への感謝が込められています。

そして、丸い形というのは縁起が良い形だとされていたため、食べると健康になると信じられています。

●サトイモ

秋に収穫される里芋を、十五夜のお月見に供える風習もあります。

ですが最近では、お団子だけをお供えする場合が多いですね。

里芋をお供えする代わりとして、お団子を里芋に似せた形にしてお供えする地域もあるようです。

●ススキ

ススキは、見た目が稲穂に似ていることから、お米の豊作を願って飾られます。

地域によって、ススキではなく本物の稲穂を飾るところもあります。

また、ススキは古くから魔除けの力があると信じられている植物でもあります。

 

お月見の意味を簡単に説明すると

最後に、お月見について簡単にまとめると、

  • お月見には、秋の収穫に感謝し、豊作を願ってお供えをする
  • お団子は満月を表し、収穫への感謝や食べて健康を願う
  • ススキはお米の豊作を願って飾られ、魔除けの効果もある

こういった意味があることが分かりました。

お月見の意味や由来などを知ると、より深くお月見を楽しめる気がしますね^^

 

スポンサードリンク