085202

十五夜(中秋の名月)には、やっぱり月見団子ですよね。

この記事では、お団子の数はいくつ用意すれば良いのか、並べ方や台はどうずれば良いのかなど、お団子を飾る方法についてご紹介します。

 

スポンサードリンク

 

十五夜の団子の個数はいくつ?

十五夜のお月見でお供えする、お団子の個数はいくつなのでしょう?

実は、月見だんごの数には2つの説があります。

 

●十五夜なので、15個

十五夜のお月見なので、十五という数字にちなんで15個のお団子を飾るという考えです。分かりやすいですね。

ちなみに、十三夜のお月見の場合は13個のお団子をお供えします。

●満月の数にちなんで、12個

一年間の満月の数に合わせて、12個のお団子をお供えするという考えです。

平年は12個ですが、閏年には13個の月見団子を飾ります。

 

このように、お団子の数は説によって異なってきます。

地域による違いもあると思われますので、地元の決まりがあるならそれに従い、特に決まっていないなら、お好きな方を選んで良いのではと思います^^

スポンサードリンク

 

十五夜の月見団子の飾り方は?

それでは、お団子の個数別に、並べ方や積み方を見ていきましょう。

●15個

一番下の段には3×3で9個置きます。

その上に、2×2で4個のお団子を乗せます。

そして最後に、一番上に2個のお団子を乗せて完成です。

一番上のお団子の置き方は、正面から見て縦に2個並べると神事、横に2個並べると仏事になります。

dango

●13個

一番下の段に3×3で9個並べます。

その上に、2×2で4個のお団子を乗せて完成です。

15個の盛り方の、一番上の2個を取ったかたちですね。

 

●12個

一番下の段に3×3で9個置きます。

その上に、3個お団子を乗せて完成です。

乗せ方はイラストを参考になさってくださいね。

dango2

十五夜のお団子を乗せる台は?

月見団子の個数や飾り方は分かりました。では、お団子をお供えする器はどうすれば良いのでしょうか?

よくお月見のイラストなどで描かれるのは、木の台に乗せたお団子ですよね。

お月見団子

この木の台は「三方」(三宝、さんぽう)というもので、お供え物は三方に乗せるのが正式な形です。

白い紙を三方の上に敷き、その上にお供え物を並べます。

 

…ですが、なかなか一般家庭で三方を持っている家は少ないですよね^^;

ですので、無い場合は無理に用意しなくても、お盆やお皿にお供えすればOKです。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

十五夜(仲秋の名月)には、このようにお団子をお供えしてお月見を楽しみましょう!

そしてお供えした月見団子は、後でおいしくいただいてくださいね^^

 

スポンサードリンク