047118

子供の成長をお祝いする、七五三。

年齢の数え方には、満年齢と数え年の2種類がありますが、どちらが良いのでしょうか?

また、年の差が数えと満で異なる兄弟姉妹で、一緒にお祝いできるのかも気になりますよね。

今回は、そんな七五三の疑問についてまとめてみました。

 

スポンサードリンク

 

七五三は数え年と満年齢どっち?

七五三を何歳のときにお祝いするかですが、「数え年」で祝う場合と「満年齢」で祝う場合とがあります。

  • 数え年は、生まれた日を1歳として、元旦を迎えるごとに1歳ずつ増えていきます。
  • 満年齢は、生まれた日を0歳として、誕生日を迎えるごとに1歳ずつ増えていきます。

昔は数え年で三歳、五歳、七歳とお祝いしていたようですが、最近では満年齢でお祝いするというのが一般的になっています。

つまり、

  • 男の子の場合は満三歳、満五歳
  • 女の子の場合は満三歳、満七歳

ということですね。

ちなみに、それぞれの年齢の意味も確認しておきましょう。

  • 三歳「髪置き(かみおき)」…男女。剃っていた髪を伸ばし始める
  • 五歳「袴着(はかまぎ)」…男の子。はじめて袴をつける
  • 七歳「帯解き(おびとき)」…女の子。紐付の着物から帯をしめる着物にかえる

これらの儀式が、現在の七五三のお祝いとして定着したんですね。


スポンサードリンク

最近は七五三を満年齢で祝うのが一般的とはいえ、数え年でお祝いするのも特に問題ありません。

小さい子ほど、一年の差は大きいですからね。

数え年にして、満年齢より幼い姿を写真に残したいという方もいますし、逆に、数え年だと子供が小さすぎて色々手がかかるので、満年齢にするという方もいます。

また七歳のお祝いは、数え年(満六歳)のほうが小学校入学前で都合がつきやすいという事で、数え年にする方も多いようです。

 

七五三で兄弟が3歳差の場合

兄弟姉妹がいる場合、七五三を兄弟一緒にできるのならしたいですよね。

七五三のお祝いを、兄弟姉妹で一緒にやるのは全然問題ありません。三歳と五歳のお祝い、五歳と七歳のお祝いなど、一緒にしてOKです。

ただ、そこで気になるのが年齢差ですよね^^;

子どもの実年齢が、3歳と5歳で2歳違いとか、3歳と7歳で4歳ちがいなど、分かりやすい年齢差なら良いのですが・・・

3歳差や1歳差、5歳差などの場合、一方が数え年でもう一方が満年齢として、七五三を一緒にすることはできるのでしょうか?

 

七五三で兄弟一緒にお祝いはできる

実際、満年齢の子と数え年の子と、一緒にお祝いすることは可能です!

例えば、上の子が満7歳で、下の子が数え3歳(満2歳)とか

上の子が満5歳で、下の子が数え5歳(満4歳)など

そうして満年齢と数え年を混ぜて、七五三をすることはよくあります。

七五三を別々にして倍楽しむのも良いですが、兄弟姉妹で一緒に賑やかにお祝いするのも良いですよね^^

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

七五三の年齢をいつにするのか、兄弟姉妹で一緒にするのかなどについて見てきました。

どのように行うとしても、楽しく思い出に残る日にしたいですね^^

 

スポンサードリンク