7a9d62cebbb8165899a5fa04c4b7841c_s

冬になると、すねがカサカサになってかゆいという悩みが多くなります。

すねは乾燥しやすい部位なので、かさつきやすく、粉をふいてしまったりしますよね。

そんな足のすねの乾燥対策、効果のある保湿の方法などをご紹介します。

 

スポンサードリンク

 

すねの乾燥対策はどうする?

脚のスネの部分って、他の部分と同じように保湿していても、なぜか乾燥してしまいますよね。

きちんと保湿しているつもりでも、すぐ乾燥してカサカサになったり、白っぽく粉をふいてしまったりします。

すねは乾燥しやすい部位なので、乾燥対策を特に意識することが大事ですね。

では、具体的にどんなことに気をつければ良いのか、見ていきましょう。

肌の乾燥は風呂の入り方に関係あり!

冬は寒いので、つい熱いお風呂に長く浸かってしまいがちですが、これが肌の乾燥を助長してしまいます。

42度以上の高温のお湯に長く入っていると、肌がふやけて保湿成分がお湯に溶け出してしまい、乾燥が進んでしまうのです。

熱いお風呂に入っていて乾燥が気になるという場合は、お湯の温度を38度~40度くらいにし、お湯に浸かる時間も10分程度にしてみると良いですよ。

 

それでも、お風呂が好きでもう少し長く浸かっていたいという場合もありますよね。

そういう場合は、保湿成分の入った入浴剤を入れて入浴するようにしましょう。入浴後はシャワーで流さず、そのままあがると良いですよ。

 

また、身体を洗うとき、タオル等でゴシゴシ洗うのも良くありません。きめ細かい泡で、優しくなでるように洗いましょう。

ちなみに、皮脂が少ないスネなどは、お湯で流すだけでも十分清潔に保てるといいます。あまりに乾燥がひどい方は、お湯のみにしてみるのも手だと思います。

 

ポイント
  • 熱いお風呂に長時間入らない
  • 保湿成分の入った入浴剤を使用する
  • 身体をゴシゴシ洗わない

スポンサードリンク

肌を刺激する衣類の素材は避ける

化学繊維の服は、肌の乾燥やかゆみを引き起こしてしまいます。

直接肌に触れる衣類は、肌に優しい素材を選びたいですね。

暖房とともに加湿を

暖房器具を使うと、湿度が低下し空気が乾燥します。

加湿器などで乾燥しすぎないようにすることは重要です。

 

すねの乾燥を保湿で改善

もちろん、すねの乾燥には日々の保湿も大切です。

入浴した後の保湿は、すぐに行うのがポイントです。お風呂から上がって5分以内に、保湿クリームを塗るようにしましょう。

カサカサするのが気になる場合は、油分が含まれたものを。かゆみを伴う場合は、かゆみ止めの効果があるものを選びましょう。

 

すねが乾燥する原因は?

なぜ、足の中でもすねの部分は乾燥しやすいのでしょうか。

すねが乾燥しやすい理由は、皮脂分泌が少ないことにあります。毛穴から分泌される皮脂によって、肌に水分が保たれるのですが、すねは皮脂腺が少ないので部分的に乾燥肌になるのです。

また、すねは皮下脂肪が少なく、そのことも水分が失われやすい原因になっています。

 

このように、冬になると乾燥が気になる「足のすね」。

乾燥対策と毎日のケアを行って、潤いのあるきれいな脚を維持したいですね。

 

スポンサードリンク