9a35971d83b897e91b4d4f3b6c76a44d_s
花粉症といえば、春に症状が出る人が多いですが、実は花粉は、ほぼ一年中飛散しています。

秋になり鼻水やくしゃみが出るようになった、のどが痛い…という場合、もしかすると風邪ではなく花粉症かもしれません。

秋の花粉症について、症状や原因となる植物、また風邪の症状とはどう違うのか、その見分け方なども確認しておきましょう。

 

スポンサードリンク

 

花粉症は秋にどんな症状がでる?

花粉症になると辛いですよね。基本的には、花粉症の症状は春も秋も、季節による違いはさほどありません。

花粉症の主な症状は次の通りです。

 

  • 鼻の症状

  • 鼻水が止まらない
  • くしゃみが何度も出る
  • ひどい鼻詰まり

  • 目の症状

  • 目がかゆい
  • 目が充血する
  • 涙が出る

  • その他の症状

  • 頭痛がする
  • ぼーっとして集中力が低下する
  • のどがかゆい、咳が出る

このような症状がありますが、花粉症の原因となる植物によっては、症状の特徴が変わる場合もあります。

春のスギ花粉は、花粉の粒子が大きいため鼻粘膜に留まりやすく、鼻水やくしゃみといった症状が出やすいです。

一方、秋の花粉症のひとつ、ブタクサの花粉の場合、粒子が小さいため、気管に入って喘息のような症状を引き起こりやすいです。

では秋にはどんな花粉が飛散しているのか、原因となる植物を見ていきましょう。

 

花粉症になる秋の原因は?

春の花粉症の原因としては、スギやヒノキなどが有名ですよね。

秋の花粉症の場合は、次のような植物が主な原因となっています。

 

  • ブタクサ

花粉の飛散時期は8月~10月。

キク科の植物で、秋の花粉症の原因として代表的な植物です。

ブタクサ花粉は、気管に入ることでぜんそくのような症状を引き起こす場合が多く、喘息草とも呼ばれています。

 

  • ヨモギ

花粉の飛散時期は8月中旬~10月。

キク科の植物で、ブタクサと同じく秋の花粉症の原因として代表的な草です。

ヨモギの花粉症を発症する人の多くは、セロリや人参、メロン、りんご、スイカなどのアレルギーもある場合が多いです。

 

  • カナムグラ

花粉の飛散時期は8月下旬~10月。

クワ科の植物で、ブタクサやヨモギなどに比べると患者数は少ないですが、代表的な秋の花粉症の原因の一つです。


スポンサードリンク

花粉症と風邪の違いは秋だとどう見分ける?

目がかゆい、のどがかゆいといった症状は、花粉症だと気づきやすいですが、一見、風邪と似ている症状は、どのように見分ければ良いのでしょうか。

 

  • 鼻水を比較


花粉症の場合、鼻水は透明でサラサラと水っぽくなります。一方、風邪の場合は、粘り気があったり濁った色の鼻水が出ます。

 

  • くしゃみを比較


花粉症の場合、鼻に入った花粉を出そうと何度もくしゃみをし、連続で出ることもしばしばです。

多いと7~8回も連続で出ることもあります。風邪の時のくしゃみはそこまで多くありません。

 

  • 天候による変化


花粉症は、晴れの日に症状が悪化し、雨が降るなどして飛散量が少ない日は症状が軽くなりますが、風邪だと天候による影響はありません。

 

  • 症状の出る期間


花粉症は、原因となる花粉が飛んでいる時期には症状が続きます。長いと数ヶ月は症状が出ることもありますが、風邪は長くても一週間程度で治ります。

また、花粉症の場合は毎年同じ時期に発症します。

 

まとめ

このように、花粉症は春だけでなく、秋にも発症します。

風邪と見分けるポイントをおさえつつ、花粉症かな?と思ったら、早めに病院で診てもらいましょう。

スポンサードリンク