1ec0a370788fbf193cd2d7214e001c09_s

よく日焼けをしたくないからといって、
風邪や花粉・ほこり用のマスクをする人がいます。

しかし、そのようないわゆる普通のマスクは、
紫外線に本当に効果があるのでしょうか?

 

スポンサードリンク

マスクは紫外線を防ぐ?

結論から言うと、
普通のマスクは紫外線を通します。

マスクは非常に薄い素材なので、
紫外線を防ぐには効果はありません。

また、マスクの白は紫外線を通しやすい色です。

その点、最近見かけるようになった黒いマスクは
白に比べれば多少違いがあるかもしれませが、
そこまで期待はしないほうが良いでしょう。
では、顔の紫外線対策はどうすれば良いのでしょうか?
そのためには、やはり日焼け止めが必要になってきますが、
人によっては、日焼け止めは肌に合わなかったりして
あまり塗りたくない場合もあるかもしれませんね。

 

普通のマスクは紫外線を通す

紫外線にはA波とB波があり、

A波は肌の奥深くまでダメージを与え、
肌の弾力を奪い、シミやたるみなどの原因になります。

B波はエネルギーが強く、肌の表面に日焼けを起こします。

肌のためには、A波とB波の両方を防ぐ必要があるんですね。

そのために、通常のマスクではなく、
しっかりと紫外線対策をするために
UVカットマスクを使用することをおすすめします。

普通の風邪や花粉用のマスクを使うよりも、
紫外線を防ぐためにはそれ専用のマスクをするほうが確実ですね。

 

すっぴんにマスクは紫外線対策が必要

紫外線対策に普通のマスクでは十分ではないため、
すっぴんに通常のマスクだけで出かけるのは良くありません。

UVカットマスクを使用しない限り、
通常のマスクでは日焼け止めが必要になってきます。

それでも、日焼け止めは肌に合わないし、
どうしても普通のマスクを使いたい!という場合は、

マスクのうえからUVスプレーをふって使用する

という手もあります。

 

まとめ

紫外線量は年々増加していると言われていますし、
紫外線対策はますます重要になってきますよね。

肌の老化を防ぐためにも、
しっかり紫外線対策をしてケアしていきましょう。

 

スポンサードリンク